【低糖質の高タンパク質で高食物繊維の大豆食品を手軽に  摂れる製品のお役立ち情報を紹介】

低糖質の高タンパク質で高食物繊維の大豆食品を手軽に摂れる製品!

ソイドル

低糖質の高タンパク質で高食物繊維の大豆食品を手軽に摂れる製品!

小麦粉を使った普通麺よりも85%OFF

糖尿病・太ってる・太るのを気にして、大好きなラーメンなどを食べられない人は、たくさんあります。
それが、低糖質の大豆100%麺・美味しい大豆麺の【ソイドル】なら、殆ど気にせずに食べられるんです。
その理由をこれから記しますが、大豆の持つ力なども紹介しましょう。
只、アレルギーのある人は食べられないので、その点は充分に留意して下さい。
けれど、小麦アレルギーのある人は、今まで食べられなかった【ソイドル】ラーメンを、腹一杯食べられたりします。

【ソイドル】の特徴

①低糖質・高たんぱく質・高食物繊維なので、体へ良い栄養素を摂れる。
②糖質は、うどんの85%OFFなので糖質を気にしてる人・糖質ダイエットをしてる人へ推奨。
糖尿病予備軍は、我が国民5.7人に1人ですが、普通の麺よりも85%OFFだから、それ程気にしないで麺が食べられます。
而も、食物繊維はうどんの6倍・タンパク質はうどんの4倍以上で、大豆イソフラボンは1食分あたりで絹ごし豆腐約1丁分・92㎎もあるんです。
③大豆麺は、多種の調理法があり、貴方の使い方で自由に食べられます。
ラーメン・パスタ・焼きそば等ですが、厚生労働省は大豆摂取量を、健康日本21で紹介してるように、1日100g摂ろうと推奨してるんです。
でも、大豆100%麺【ソイドル】なら、1食で大豆を110g摂れます。
なので、1食どの時間帯でも置き換えれば1日の目標数値を、充分に摂取れるんです。
【ソイドル】は、素晴らしい一日・健康食堂等の雑誌等で、メディアへ露出してます。
その効果もあり、2013年3月の発売からすると約2年で、累計販売数量が20万食を突破してるんです。
 

大豆は古くから我が国の健康長寿食として活躍してる

夏が近付くと、冷ややっこ・枝豆が美味しいものです。それに、値段も手頃な大豆食品は、日本人の長寿を支えてると云います。
でも昨今、若年世代を中心として大豆摂取量が減って、我が国の食文化・和食の伝統が変わって来てるんです。
大豆食品と云えば、殆どの人は豆腐を思い浮かべるでしょうが、中国から遣唐使が伝えました。
大豆の食文化は、それより室町時代には全国へ広がって、江戸時代には庶民も食べ始めてるんです。
それまで、肉食習慣のなかった者達へは、魚介類と同じように重宝されたタンパク源でした。

健康・長寿へ貢献する大豆食品

健康を保つのへ、重要な食品は3種のSです。それは、塩・ソルトを減らして大豆・ソイビーン、魚・シーフードの食材を、心掛けてたくさん食べる事。
京都大名誉教授の、長寿研究で名を知られてる武庫川女子大国際健康開発研究所長の家森幸男さんは、こんな研究調査から強調されてます。
家森さんは、25ヶ国・61地域の長寿短命地域を、20年かけて現地調査されました。
調査は、尿の採取でどんな栄養を摂ってるかを調べられて、大豆・加工品を食べてる地域は長寿であり、健康な人がとても多いという結果が出てます。
そして、大豆食品を食べる習慣のない地域だと、血管・心臓疾患が多くて、短命であるのも多いというものでした。
中国では、貴陽市が長寿地域として知られてます。その、貴州省の高原都市では少数民族も多いですが、豆腐・大豆料理をたくさん食べる習慣があるんです。
大豆食品には、納豆もあって大豆食文化の、源流だと云われてます。
また家森さんは、高原都市等の調査した中国十数地域は稲作へ向かない土壌でも、血圧が低い・肥満が少ない、健康的な人達がとても多かったと云われてるんです。
それに、ラットで遺伝的に脳卒中が起きるかの、罹患予防研究をされました。
それも、大豆食品が鍵で大豆タンパク質・食物繊維・ミネラルをエサへ加えて摂らせたラットは、脳卒中が起きずに健康で長生きしたと報告されてます。
癌の、罹患率が高い遺伝子であっても、発症率は5%だとも云われていて生活習慣・食生活の改善で、健康で生きられるとも云われてるんです。


大豆の含有する栄養・特徴

①タンパク質②食物繊維③脂質④マグネシウム⑤亜鉛⑥カルシウム⑦カリウム⑧鉄⑨ビタミン。
大豆の含有する栄養・豆は、畑の肉とも云われてる位、タンパク質をたっぷりと含有してます。
その上、ビタミン・ミネラルも含有していて、5大栄養素をバランス良く全部含有してるんです。
また、サプリメント・化粧品等へ配合されてる成分の、イソフラボンも良く知られてます。

大豆は良質のタンパク質を充分摂れる

食事制限・ダイエットでは、肉の脂質を控えようとして、タンパク質の摂取不足ともなってしまうケースが多いもの。
すると、筋肉が作れなくなって代謝が悪くなる・造血も巧く行かなくて貧血気味となったりします。
こんな状態では、生活習慣・食生活の改善をしてる積りでも、逆に体調不良となってしまうケースもあるんです。
しかし、大豆食品を摂れば動物性脂肪摂取を抑えて、良質のタンパク質も同時に摂れて一石二鳥となります。
それから、バランス良く他の食材と組み合わせると、上手な生活習慣・食生活の改善ができるでしょう。

大豆は低糖質・食物繊維が豊富

糖尿病・食事制限で、糖質を控えるのへ良く執る方法は、炭水化物・ご飯を制限するものです。
ところが、我が国では食物繊維を米・白米から摂る度合が、少なくありません。
ですから、野菜などを摂らずに米・白米を減らしてしまうと、食物繊維の摂取不足となり易くなります。
そうした、食事制限をしたい人へかなり役立つのが、大豆食品です。
大豆は、低糖質で食物繊維をたっぷりと含有してますから、普段の食事へ加えれば摂取不足をケアできます。
ただ、大豆食品でも豆腐・豆乳はオカラを取られてますから、食物繊維はそれ程摂れないんです。
貴方が、食物繊維を出来るだけ摂られるなら、大豆の栄養素をその儘摂れる加工食品を選ばなければなりません。


枝豆と大豆の栄養素の違い

暑い夏は、ビールと一緒に食べるおツマミへ、枝豆は美味しくて良い物です。
その枝豆ですが、栄養素はほぼ大豆と同じだと、貴方は知ってるでしょうか?
枝豆と云うのは、未成熟な大豆で大豆となる前に、収穫されて提供されるものです。
枝豆は、大豆の若い時に収穫されますから、とても新鮮で栄養価もあります。
一方、大豆は成長・成熟した物を収穫するので、味が凝縮して風味も出て来るんです。
枝豆が、大豆と同じなら栄養豊富だという事でしょうが、栄養価へは大きな違いがあります。
枝豆は、未だ充分熟成してない豆なので、栄養的には大豆の方へ軍配があがるんです。
枝豆は、栄養的には良い所も色々ありまして、大豆には無いビタミンC・ベーターカロチンを含有してます。
只、枝豆を食べてれば厚生労働省の大豆推奨量を摂れると、勘違いしないで下さい。


その他の詳しい事はこの、すぐ下の画像・
バナーをクリックすると公式サイトが開く
ので、じっくりご覧下さい。

ソイドル








特定商取引に関する表示