【和装もお洒落は足元から!足袋や草履にもこだわりたい】

振袖着用写真

お正月の着物

お正月には和服姿が多く目につき、素敵な装いに惹かれますね。
振袖、訪問着、小紋(染の着物)、小紋(織の着物)、ウールアンサンブルなどが一般的にはお正月にお召しになる方が多い着物となります。


既婚女性の和装では、新年のご挨拶のお出掛けには華やかな絵柄の訪問着や附下など、親しいお仲間とのお出掛けの小紋には華やかな絵柄や新年に相応しいおめでたい紋様の染めの着物が好まれます。

独身女性のお出掛けには振袖が多く、美しい振袖と帯結びの華やかさが周囲の方の目も楽しませてくれます。
ミスの第一礼装である振袖までの格は必要ない場合や普段着物を楽しまれている方は、ミセス同様に華やかな訪問着や小紋をお召しです。

家でお寛ぎの装いには、ウールのアンサンブルや紬などの織の着物に割烹着姿をイメージされる方は多いのではないでしょうか。「お母さん」というイメージでなんだか心が和みますね。

お出掛けの目的に合わせて着物の格を決める

お出かけされる目的に相応しい着物の種類を決めます。新年のご挨拶でしたら振袖や訪問着などの格を保つことが礼儀となりますが、親しいご関係でしたら小紋でも吉祥紋様などで充分な場合もあります。
礼装まで格を上げる装いが相応しいのか、小紋のような普段着物を気軽に着てお出かけするかによって全体のコーディネートが違ってきます。

目的に合わせた着物を選びましたら、その着物に合わせた足袋を選択します。足袋は白足袋が一般的ですし、どのようなお着物にも合わせられますので一足お持ちでしたら安心ですが、その白足袋にも注意が必要な時もあります。

着物に合わせ、足袋は「こはぜ」の数で決める

足袋 足袋と言えば、一般的にはオーソドックスな白足袋をイメージされますね。
白足袋はどのような着物にも合わせられますので、白足袋を一足お持ちでしたら大丈夫!
ウールのアンサンブルにも振袖にも合わせられます。

注意点としまして、白足袋でも「こはぜ」の数により、普段履きと礼装用に分けられていますので、こはぜの枚数の確認をお忘れなく。

●普段用・・・4枚こはぜ
●礼装用・・・5枚こはぜ

礼装の方がこはぜの数が多いですね。
こはぜの数が違うことで、足袋の丈も違います。
当然、5枚こはぜの方が長くなり、肌が見えにくくなります。
外出先では、階段等で少しでも肌を見えにくくするため礼装では5枚こはぜを履きます。

「こはぜ」について詳しくはこちら⇒

お出掛け当日に慌てないため、年末までに足袋のご準備を

新年には新しい足袋を履きますので、年末までに新年用の足袋をご準備頂くと安心ですね。どのような足袋が必要なのかを充分に考えたうえで購入されることをお勧めいたします。

万が一、年末までにご準備出来なかった場合には、お持ちの中で出来るだけ綺麗な足袋を合わせましょう。
お着物や和装小物には注意が行きやすいですが足袋まではなかなか気が回りません。汚れた足袋では先様に失礼にあたります。お出掛け当日に慌てないためにも、訪問先で恥ずかしい思いをしないためにも年末までに足袋の確認をしておきましょう。

足袋のショッピングはこちら(楽天市場内)⇒

この他、足袋についての詳細はこちらからどうぞ

1.刺繍足袋バナー2.ワンポイント3.色足袋

3.柄足袋5.足袋カバー6.あったか足袋

7.白足袋:こはぜ7.白足袋:素材

新年には新しい足袋を履きますが、準備が出来なかった場合にはお持ちの中で出来るだけ綺麗な足袋を合わせましょう。新年早々、慌てないためにも年末には足袋の確認もお忘れになりませんように。