BCAAとは?

BCAAとは、バリンロイシンイソロイシンのアミノ酸が集まったものです。
主な効果として、


①エネルギーの供給

②筋分解の抑制

があげられます。


エネルギーの供給をわかりやすく説明すると、普段はベンチプレスで8回しかあげられなかったのが、BCAAを飲みながらだと10回上がるようになる、といった具合です。

筋分解の抑制に関しては、減量中などの食事制限により筋肉から栄養を吸収してしまうことを防ぐ役割です。

そのため、減量中やダイエットには欠かせないサプリメントです!

BCAAは必須か?

よくトレーニーの間でも議論されるBCAAの必要性ですが、結論から言うとBCAAは必須です。

理由としては、(私個人の意見ですが)エネルギーの供給の効果により、普段より一層質の高いトレーニングをすることができたり、疲れにくくなる為多くの部位のトレーニングができる、筋肉痛の回復が早いなど、メリットしかないからです!


少しのトレーニング量の差でしょ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

塵も積もれば山となる、です。

初心者上級者問わず、トレーニー全般にオススメしたいサプリメントです!

BCAAの選び方!

一口にBCAAと言っても、主成分でもある「バリン・ロイシン・イソロイシン]の配合率が異なるものや、無味かフレーバー付きか、コスパなど様々な見方ができます。


BCAAのオススメの成分比は、
バリン:1 ロイシン:2 イソロイシン:1です。

これはあくまで一例ですが、筋肥大に多く関わる、ロイシンの配合が多いやつを選んだ方が良いです。(ここで『選んでください』と言っていないのは、正直変わらないからです。笑)

国内産BCAA vs 海外産BCAA

では、国内産と海外産、どちらのBCAAを選ぶべきなのかについて説明します。


こちらも、結論から言うと断然海外製の方がおススメです。

一見海外製は危険と思われがちですが、企業展開が海外の方が圧倒的に多いので信頼性があります。

また、海外だと日本に比べサプリメントの需要が多いため、値段も抑えられます。

BCAA ランキング7選!

それでは、おススメのBCAAを紹介します!
各リンク先の値段は、6月現在、最安値となっています。


第7位 ケンタイ BCAA

健康体力研究所(KENTAI)ケンタイ 188g


[メリット]

・グレープ味なので苦味を感じずに飲める

・薬局などで置いてあることが多い



[デメリット]

・188g6000円越は高すぎる

・コスパが悪いため、あまり使われない



第6位 DNS BCAA

【送料無料】DNS(ディーエヌエス) BCAAパウダー 200g (アミノ酸 サプリメント)


[メリット]
・身体に合う人には良い

・さっぱり風味で飲みやすい



[デメリット ]
・溶けにくい

・値段が高い

・個人差が大きい

・値段が高くコスパが悪い



第5位 be legend BCAA

ビーレジェンドBCAA -be LEGEND BCAA- 【500g】


[メリット ]
・味が良い

・コスパが良い

・疲れにくくなる



[デメリット]

・匂いがキツイ

・場合によっては溶けにくい

人工甘味料を気にする人には不向き



第4位 MRM BCAA

BCAA+G(グルタミン) 1000g(1kg) グリーンアップル


[メリット ]
・飲みやすい

・成分も良い

・国内産ではあり得ないコスパの良さ


[デメリット]

・発送期間が不正確



第3位 オプチマム BCAA



[メリット]

・大手老舗だけあり高品質

・コスパ良い

[デメリット]

・無味のため水で飲むとまずいので、スポーツドリンクなどに入れる必要がある。



第2位 マイプロテイン BCAA

SIXPACK BCAA シックスパック 鶏肉抽出物含有食品 筋骨草エキス含有食品 筋肉増加 筋トレ 筋肉増強剤 サプリメント 補助剤 筋肉増量

[メリット]

・とにかく安い!コスパでは最強

・味が10種類と豊富で飲みやすい


[デメリット]
・配送が遅い


第1位👑 エクステンド BCAA



[メリット ]
・無駄な成分が入っていない

・驚くほど美味しい

・容量が多くコスパが良い


[デメリット]
・コスパが良いのだが、レートにより値段に差がある。

まとめ

7種類のBCAAを見ていただきましたが、


エクステンドに敵うものはない。


BCAA といえばエクステンドと言われるほどメジャーで安定なものとなっています。


私もずっとエクステンドを使って使っています。