ブラック企業を見極める重要性 その②

ブラック企業の落とし穴?! 見極める意識を持てば分かりますよ。

???と思ったら疑問を持つ事 ブラック企業



こんにちは!!!   金太郎です


ブラック企業を見極めるパート②
ということで面接やその他で特徴を上げていきましょう!


会社の雰囲気が悪い
■面接フロアで大声で怒っている社員がいた。面接官との話しに集中できず、上の空になってしまった。
■面接中に携帯電話が鳴り、そのまま話していることに驚きました。
■通された部屋が片付けられていない状態で食器等がそのまま置いていた。
■今時、分煙になっていない。社内がタバコ臭い
■応接室がやたら豪華で社員の対応も良かったが、休憩スペースが汚く疲れきった社員がため息をしていた。

企業にとって、意外に見落としがちなのが社員の雰囲気や清潔感。面接で初めて訪問する求職者は敏感な感覚で社内を見たり、聞いているものですね。


求人内容が違う会社
■年齢や経験で給与が考慮されると求人で記載していたのに、当社では全ての人が一律の給与スタートですと言われました。
■求人広告に書かれていた内容と雇用条件が違っていたので、面接官に質問したところ、あやふやな返答しか戻らなかった。
■ハローワークの求人内容と異なる給与&年間休日、また形式上は休みになっているが全員やる事がるので出社していますなど、それは法的に当たり前のように説明されました。



それ以外にも多数ありますが、
何が大切かといいますと、、、

面接企業に伺った際に企業を見るポイント
①玄関周りが清潔感があるか・清掃しっかりされているか
②従業員の仕事ぶりをチェック(挨拶・笑顔・キビキビ動いているかなど)
③オフィスの清潔感
④面接官の親身・感謝の気持ちを持って対応しているか

以上他にも
たくさんありますが、
面接に伺った際は
応募する皆さんが
企業・面接・チェックする気持ちで
行ってみてくださいね!!!

ブラック企業は
当社はブラック企業です、、なんて
絶対に言いませんからね。

会社に行ったらチェックし
見極めましょうね。









#転職#面接#合格#就職#既卒#中途採用#新卒#ブラック企業