辞めた方がいい会社の特徴 10の共通点

会社を見極める10のポイント ブラック企業ってどんな会社かな?

こんな特徴があるのですね!ブラック企業注意(^^)



こんにちは!!!  金太郎です。

転職を検討している方・新卒採用で活動中の方へ
退職した方がいい会社の特徴を調べてみましたので
是非参考にしてくださいね。



仕事が辛くて会社を辞めたいと
思ったことは誰しも一度は経験があるでしょう。

しかし、なんとなく甘えている気がして
「まだまだ頑張らないと」と
自分を追い込んでしまっていませんか?
企業は全て違いますのでタイミングをみて
早めに転職した方がいいケースもあります。

その中で

すぐにでも退職した方がいい会社の特徴に
ついて詳しく解説していきます。


結論から先にお伝えしますが、、
『今の会社は辞めた方がいいのかな?』
『今の会社に何となく違和感を感じる。』
『ここの会社で働いていても将来が全く見えない』

このように感じている方は、
きっとたくさんいますよね。

どこで
決断・退職して

どのタイミングで転職するか?!




退職した方がいい会社の見分ける10のポイント・共通点をお伝えします

①トイレなどの共同スペースが汚い
トイレなどの共同スペースが汚い会社は辞めた方がいいでしょう。このような社員全員が使用するスペースの清掃など後回しになっていたり、理由がいくつか考えらえるが、どんな理由にせよ安心して仕事ができる環境とは言えませんね。

②会社の仕事に誇りが持てない
どんなに辛い仕事であっても、自分は仕事を通じて社会に貢献しているという誇りを持てれば頑張れるものです。しかし人によって考え方は違いますが、社会への貢献より会社の利益を何より最大化することのみに注力するなど自分の目指したい方向と会社の方向が食い違っている場合は誇りが持てなくなりますね。そして働き続ける事で間違いなく大きなストレスを抱えることになるでしょうね。

③残業や休日出社返上が常態化している
常に人材不足の問題を抱えている傾向があり、つまり採用がうまくいってなかったり、人材が定着しにくいなど、いくつかのネガティブな原因が絶対にあります。残業や休日返上が続いている従業員は疲れきって顔をしていますね。最悪な場合 うつ病や精神病を発祥したり身体を壊します。

④ボーナス昇給カットされ続けている
必ず入社する際に確認すべき点が給与やボーナスがカットされていないかどうかです。給料やボーナスカットは経営状態が危なくなっている可能性もあり倒産も最悪考えられますね。社員に対してきちんと給料を支給する余力のない会社が長く生き抜いていくことはないでしょう。

⑤働いている社員のやる気がない
ビジネスパーソンちしてキャリアを積む上でどんな仕事に携わるかは大切ですが、それと同じくらいどんな方々と一緒に仕事をするかといった店もとても重要です。働いている社員からやる気が感じられない会社は業績は上がりませんよね。一緒に働き互いに刺激し合えるよう従業員がいない場合、自分自身の成長にも繋がりません。気をつけてほしい事は、徐々に自分自身も周りにつられてやる気を失ってしまう危険もあります、そうなると自身のキャリアも台無しにしてしまいます。





⑥社員の経験や適正を無視した人事異動を強制する
会社員として仕事をしていく上で部署異動や転勤などは多くの方が経験するでしょうね。しかし、社員のこれまでの経験や適正を無視した人事異動を強制するような会社は辞めたほうがいいと感じます。こういった会社は従業員の個々能力を見ない・人材をただの道具としてしか見ていない可能性が高いと言えます。人材を大切にしない会社は長い目で見て生き残ることは難しいでしょう。

⑦展開しているビジネスに将来性がまったくなり
長い目で見た時に将来性を感じない会社も辞めたほうがいいと言えます。今特に注目を集めているのはAIと呼ばれる人工知能ロボットでしょう。こういった新しい技術が将来的に社会に与える影響は非常に大きいと考えられます。環境が変えることには大きなパワーが必要ですが、居心地が良いからと言って将来性のない仕事に就き続けることは結果的に自分を追い込むことになりますので注意してほしいです。


⑧仕事内容がグレー

務めている会社の仕事内容がグルーな場合、問答無用で今すぐに辞めた方がいいです。後々取り返しのつかない事に巻き込まれる可能性もありますので、自分の身を守るという意味でも早めに行動しましょう。落ち着いて考えれば分かることですが、社員がグレーな仕事をさせている会社が社員の人生について真剣に考えているわけがありません。

グレー=ブラック企業
たど、、疑いましょう

⑨休職している社員が多い

もしあなたが今勤めている会社で休職している方が多い場合は辞めた方がいいと言えます。ここでいう休職というのは女性の産休などとは違い病気により休職という意味です。このような会社は肉体的にも精神的にも追い込まれている社員が多い傾向があります。社員を無理に働かせて何とか仕事を回している会社というのは長くは持たないでしょうね。


⑩退職する社員が増えている

最後にご紹介するポイントは離職が多い会社です。こちらは非常に分かりやすい特徴と言えますね。退職者が増えているというのはそれだけ今の会社で働かない理由があるということです。こういった傾向が今後も続くならばさらに問題でしょう。会社側は辞める方の理由について把握しているはずですが、何の対策・改善も行なわないから増え続けていくのです。離職するのは少なくとも企業に責任があります。

以上

今働いている企業がどうか
疑問に感じる方は、、、、
チェックしてブラック企業でないか
確認してみましょうね。


是非上記の記載したことを
参考にしてみてくださいね。


最後まで見て頂き、いつもありがとうです。
金太郎






#転職#面接#合格#就職#既卒#中途採用#辞める