職歴がない中での挑戦とは? 大丈夫か?!

職歴不要の求人 分かりますかね。 金太郎は初めて ❓❓❓でした。

職歴は必ず聞いてくる どうアピールするか?!


こんにちは!!!  金太郎です。



とにかく熱い・熱いの一言ですね。
この暑さの中で就職活動している人はきついですが、
自身の為頑張りましょう!!!
本日は職歴不要の企業においてのポイントを
まとめてみました。
そんな企業あるのかな?

新卒のときは当然ほとんどの人が
「職歴なし」の状態で就活をはじめるためほとんど
影響はありませんが、
既卒になってからの就活では
重くのしかかってくる条件となりますよね。

「書類の時点ではじかれてしまうのでは……」と
気分が暗くなってしまう方も
多いのではないでしょうか。

「職歴はないけれど、なんとか就職を果たしたい!」と
考えている既卒の方のために、「職歴なし」でも
履歴書を魅力的に見せる方法を何点が紹介します。

ぜひ参考にして
無事就職できるように頑張ってください。



1.資格取得のために就職せず努力していた

よくある答えのひとつとして、
「資格取得のために就職せずに勉強していた」と
いうことが挙げられます。

こちらの場合は
「資格取得が叶わず就職することに切り替えた」
あるいは
「無事資格取得ができたため就職することにした」
という2種類のパターンがあります。

後者の場合は特に問題なく履歴書を
通過できる可能性が高いので、
前者についてご紹介していきます。


まず「資格取得を諦めた理由」を聞かれます。
できれば
「元々◯年をチャレンジ期間と決めていた」と
いうように期限を決めていたことを
答えるようにしてください。
そうすると無計画でなんとなく就職を
目指したのではなく、元々計画をしていて
ただ諦めたのではなく、
ある意味では計画通りに事が運んでいるという
印象を与えることができます。

たとえ最終的に資格が取れなかったとしても、
勉強していたことは変わりありません。

そのため、
資格取得のために勉強していた内容が
生かせる職種などに応募すると、
さらに合格率が増します。

2.夢を追いかけていて就職する気がなかった

「俳優になる夢を追いかけていたため、
就職する気がなかった」というような理由の方もいるでしょう。

この理由の場合は、必ず「その夢を諦めたきっかけ」を
伝えるようにしましょう。本気で諦めたのかどうか、
企業側は非常に気にします。

3.アルバイトに熱中しすぎて新卒のタイミングを逃した

大学在学中にアルバイトに熱中する人は
意外と多いものです。その理由は
「単純にアルバイトが楽しくて就活をしなかった」と
いう場合が多く考えられます。

そんな場合は、アルバイトで
学んだことで仕事に生かせることを
伝えることができます。

また、新卒時期を逃したことは選択ミスで
あったということは伝えるようにしましょう。
企業側としては、
それ以外にも「それだけ熱中していたアルバイトの熱は
どうして冷めたのか」ということが気になるはずです。
「うちの会社に入社してからも、熱意が下がって、
仕事が疎かになるのでは」という心配があるからです。

家族の事情や一人暮らしをして自活するために、
など必要に迫られていることを伝えて
「辞めることはない」という部分を
クリアできるかどうか大事な鍵となります。

4.理由もなく、大手に入社しなければと思いこんで就活に失敗した

就活をしていてよくいるのが、
「とりあえず大手企業に入社する」ということが
目標になってしまっている方です。

「大手に入る=幸せ」と思っているため、
大手以外は受けないという考えになっている場合があるのです。

人に合う企業は、
それぞれによって違います。一概に大手が幸せともいえませんし、
かといって中小のほうが幸せともいえません。

就活に失敗したことで、
そういった考え方を持つようになり
「自分に合う企業を改めて探すことを決めて、視野を広げた」と
いうことを伝えましょう。




職歴なしの履歴書作成の注意点

絶対に経歴は詐称しないこと!

アルバイトでも年末調整をしたときには、
勤務状況がすべて明らかになってしまいます。

嘘をついて入ったことで周りの信頼をなくし、
その職場にいづらくなるだけでなく、
最悪の場合は内定取り消しなどになる場合も。

就職したい気持ちは経歴詐称に使うのではなく、
自己PRや志望動機などに生かしましょう。

過去の反省を今後にどう生かすのかを具体的に!


新卒のキャリアを
ふいにしてしまっていることは、
自分のキャリアにとって大きな痛手だと
捉えていること、

そして
「反省していることを今後の仕事にどう生かすのか」と
いう決意を伝えていきましょう。
例えば「自分の選択の間違いで
大きい失敗をしてしまったけれど、
さまざまなアルバイトに取り組んだことで
初めて大手という軸以外に大切なものがあることに
気がつきました。

さまざまな経験をしてきたことで、
お客様のどんな気持ちにも寄り添う対応が
できると思っています」
といった伝え方がありますね。

それぞれの職種や業種に合わせて、
その経験が今後の仕事にどう生きるのかと
いうところまで言及しましょうね。



自身の過去の大事かもしれませんが、
今後どうしたいか・過去の経験に対してどう活かすかが
成長に繋がる部分でありますよね。

夢や目標設定を持ち企業に足を運んで下さいね!!!

今日も最後まで見てくれて本当にありがとうです。
金太郎(夏バテ中)








#転職#面接#合格#就職#既卒#中途採用#職歴