少しでも面接で緊張しない方法はあるよ!

誰もが緊張する面接です。自分だけではありませんよ

究極の緊張をリラックスする方法はあるのかな!



こんにちは!!!    金太郎です!


新卒・転職と面接する際は誰もが緊張しますね。私もしました。手足が震えたり緊張することによって本来のあなた自身の強みを発揮できなかったり、十分にアピールできないまま面接が終了してしまうことです。普段のリラックスした状態で自分のことを雄弁に語ることができても、緊張することで頭が真っ白になり、うまくアピールできない就活生は多いのではないでしょうか。大切なのは、「緊張」をうまく利用すること。面接で過度に緊張せずに普段の力を発揮できるようになるか、対策を打つことが大事です。そこで今回は面接で緊張しない方法をお伝えしますので参考にしてみて下さいね。







緊張する原因ってどこからくるのかな?!

面接時は誰もが「緊張したくない」と思うのになぜ緊張するのでしょうか。体が緊張した状態になる主な原因は、血液中のノルアドレナリンという物質の分泌が促進され、交換神経が活性化されて副交感神経よりも優位になることで生じます。不安やストレスを感じると分泌され、血圧や心拍数を高めて体を緊張状態に陥らせる効果があるのですが、交感神経が優位になると頭に血が上ったり、心が不安定でナーバスになったりしてしまうのです。一方で、副交感神経が優位になっていると緊張から開放され、リラックスした状態を維持できます。例えば食後に眠たくなるのは、副交感神経が優位に立ち、気持ちが落ち着いた状態だからといえます。意識を覚醒させる必要性が生じたり、興奮したり、何かに意識を集中したりする場面で血液中のノルアドレナリンを分泌するため、「緊張したくない」という強い意識を持てば持つほど皮肉にも緊張感が高まってしまうのです。ドキドキして頭が真っ白になりますよね。



★目を閉じて深呼吸をしてみる

面接が行われる直前は緊張感に加えて不安も重なるため、動悸も多少激しくなるなど苦痛に近い緊張を覚えるものです。緊張を和らげる手っ取り早い方法は、深く、そしてゆっくりと深呼吸を繰り返すこと。息を吸う場面では鼻からゆっくりと吸い、吐くときは薄く口を開いて更にゆっくりと15秒程度時間をかけて息を少しずつ吐いていくことです。目を閉じた状態で行うとよりリラックス効果が得られます。

★軽くストレッチをする

面接直前は緊張によって体が硬直し、血行も悪くなっています。そこで体をほぐすつもりで軽く動かすと、リラックスできるので効果的。肩を回したり、腰を軽くひねったり、背伸びをしたりしましょう。面接では受け答えはもちろん、あなたの振る舞いや仕草も見られています。血行が改善することで自然と緊張がほぐれるだけでなく、肩がリラックスしていつも通りの姿勢で臨むことができるようになります。






★自分が憧れている人・好きな人のことを思い出す

面接直前で不謹慎に思うかも知れませんが、緊張を取り去る大真面目な方法です。面接に対する緊張感や不安感を和らげるには、他のことに意識を逸らすことがとても効果的。自分が好きな人や憧れている人のことを思い出して、楽しくデートしている妄想をしたり、嬉しくなることを考えるのも一つの方法です。
しかしニヤニアしてはNGですよ(笑)

★自分への期待を下げる・ダメもとで少し開き直る

「良い結果を出すんだ」、「素晴らしい受け答えをしよう」などと自分への期待が高いとそれがプレッシャーとなり緊張が高まってしまいます。自分に対する期待のハードルを下げれば緊張感は自然に和らぎます。例えば「自分の名前と長所だけをしっかり言えれば、後はうまく答えらなくてもよい」といった具合に考えることです。

★第一に自己紹介を頭の中で繰り返し練習する(イメトレ)

何事も最初が肝心。スタートを失敗してしまうと余計にプレッシャーを感じてしまい、中盤以降も尾を引いてしまいます。面接の最初の質問は自己紹介に関すること。それを何度も繰り返しイメージトレーニングすれば、たとえ緊張してしまっても体が言葉を覚えているのでうまく切り抜けることができます。うまく話せたことで自信がつき、この後もうまくいくこともありますね。

★ガムや干し梅を噛む

緊張すると口の中が乾燥して喉もカラカラになってしまいます。水を飲んで水分を摂るのもいいですが、「噛む」ことで脳を刺激して集中力を高めたり、リラックス効果もあるため、面接前に緊張を和らげるオススメの方法です。ただし、面接中にガムを噛むのはマナー違反。面接直前までにしましょう。出来ましたら企業の最寄の駅に着いたらやめましょうね。スイッチを入れて行きましょう!!!

★根拠のない自信を持つ

面接前に緊張するのは、失敗を意識してマイナスの自己暗示がかかってしまっているのが原因。過去の逆境を乗り越えた経験や自分の得意分野を思い出して、プラスの自己暗示をかけましょう。自分はできる・自分はやり切れると信じる気持ちを持つことは大切です。








#転職#面接#合格#就職#既卒#中途採用#新卒#緊張しない