自分に合う優良企業の探し方とは?!

転職活動でこれだという企業は以外と少ないのかな?!



こんにちは!!!  金太郎ですよ!

会社選びの重要なポイントの1つに「自分に合う企業かどうか」があります。いくら大企業であっても労働条件が悪ければ長く勤めることは難しくなりますし、いくら条件が良くても先行き不安な小さな会社では安心出来ないかもしれません。大切なのは自分に合う優良企業を見つけることです。そこでここでは自分に合う優良企業の探し方についてご紹介していきたいと思います。自分に合う企業の見つけ方、優良企業の探し方などについて為になる記事がありましたので伝えさせて頂きますね。
これ難しい選択ですよね。目では分からない部分がたくさんあり、企業は基本的にはマイナスの事は話しませんから常に疑問・???を持って活動して下さい。




優良中小企業を探すためには、どこに注目して探せばいいのかを知ることが大切です。どうすれば失敗しない企業選びが出来るのか、ポイントを押さえた就活のコツを学ぶことで優良企業と出会えるようにもなるわけです。最近ではブラック企業の問題は社会問題としても大きく取り上げられています。条件が良かったからと飛びついた企業がブラック企業だった…、とならないように以下の記事も合わせて読んでおくこともおすすめします。





優良企業の探した方について知って頂いた上で、次にご紹介するのは「優良中小企業」の探し方です。少しでも大きな会社に、そう目指す人は特に新卒などに多いと思いますが、大手企業以外にも優良な企業は沢山あります。優良中小企業には大企業にはないメリットも多く、魅力的な就職先・転職先であることも知っておく必要があります。



↑  ↑   ↑   ↑  
オススメです! 一度見てみて下さいね!
この企業のとても良いなと思うことは担当者がその人の立場に立ち、支えて安心して導いてくれえると聞きました。より親密に無理なく転職活動したいですよね。まずは無料エントリーして話しを聞いてみてくださいね。金太郎おすすめサイトですよ

自分に合う企業の見つけ方

自分に合う会社ここまで、優良企業の探し方において参考になる記事のご紹介をしてきましたが、最後に「自分に合う企業の見つけ方」の参考になる記事をご紹介いたします。優良企業と呼ばれる条件の良い会社でも自分に合わなければ、それは本当の意味で良い就職、転職と呼べません。



会社選びの軸を整理する
自分なりの企業選びの軸を整理することが大切です。
軸とは、仕事をするうえで大事にしたいことや、譲れないことです。
ただ闇雲に企業の面接を受けたり、企業説明会に行くのは時間とお金の無駄ですね。

軸は人それぞれで、
「理念に共感できるか?」
「チームで働く仕事か?一人でやる仕事か?」
「営業が出来る仕事か?」
「福利厚生が充実しているか?」
など、様々な人によって軸があります。

自分なりに軸を整理していき、自分の軸に合った企業の選考や説明会を受けにいきましょう。ただ、軸を定めるときに重要な点があります。それは「なぜその軸なのか?」を自分で理解し、説明できるようにしておく事です。その理由は、面接でより話しやすくするためです。
「チームで働く仕事」の軸を持っている人の場合、「スポーツにおいてチームで勝つことを大切にしてきた。だから、企業でもチームで働く仕事をしたい」と説明できると、相手もなぜそれを軸にするのかを理解できますよね。ではその軸を整理するためにはどうすれば良いでしょうか。
それは自己分析です。自己分析をする事で、自分が過去に何を大切にしてきたのかが見えてきます。
先ほど上げたチームで仕事をするという軸が整理されるかもしれませんね。
自己分析を通じて、大切にしたい軸を探しましょう。また色々な人の軸やビジョンなど情報を得ることもヒントになるかもしれませんね。




自分が決めた会社を正解にするという覚悟
大切にしたい軸に合った企業で選考が進んでいくと、内定に辿り着くことも。
そこで悩んでしまい、どの会社に行こうか、本当にこの会社で良いのかと迷う方もいます。
当然、自分の軸が一番満たされている会社に行くのがベストでしょう。しかしながら悩んだ時には、自分が覚悟をもって決めた会社で頑張り、結果として自分に合う会社にするという選択もオススメします。
なぜなら、日本にある会社数は約300万社と言われているので、本当に自分に合う会社など見つけることの方が難しいからです。たしかにという言葉が第一にでちゃいました。


キャリアは8割偶然で出来ている
スタンフォード大学ジョン・クランボルツ教授は「キャリアは基本的に予期しない偶然の出来事によってその8割が形成される」と発表しました。
キャリア論では有名な「計画された偶発性理論」です。
キャリアは偶然の出来事、予期せぬ出来事に対し、最善を尽くし対応することを積み重ねる事で形成されるという考え方です。
予期せぬ出来事を自分の人生にとって Planned Happenstanceにするための5つのポイントを紹介します。

1.柔軟性...「これもあり」と捉えて、信念、態度、行動を変えて様々な取り組みを始める姿勢がチャンスを運ぶ。
2.好奇心...色々なことに興味を持って取り組むことが、チャンスを引き寄せ、良い偶然を運ぶ。
3.リスク・テイキング...新しいことを始めるにはリスクを伴うが、チャンスの種を蒔くには新しいことをする必要がある。
4.楽観性...失敗やネガティブな出来事もプラスにとらえて行動する姿勢を持つ。
5.持続性...興味を持ったことに持続的に取り組むことで、能力・見識が拡がりチャンスの種が育つ。

ファーストキャリアから、本当にやりたい仕事に就くことができる方が稀であるということが分かります。最初からやりたいことをガチガチと固めたり、やりたいことがない...と焦るよりも、キャリアで起こりうる偶然を楽しむ、というスタンスで就活に臨むことも大事かもしれません。


誰もが期待より不安先行で転職活動していますね。環境・社風・ルールが異なる部分は必ずありますが、その企業内で目指す夢や目標にする人を決めまずは1つ1つ前にある仕事をやりきることですね。それを継続することで人から会社から信頼に繋がります!!!








#転職#面接#合格#就職#既卒#中途採用#優良企業の探し方