第二新卒が面接でアピールすべきことは!!!

第二新卒を採用したい企業がたくさんあります。 アピールすべき部分をマスターしましょう。

過去の自身の成果・結果・貢献を全面的にアピール!




こんにちは!!!   金太郎ですよ!!!


学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経っていないために、新卒のような気分で転職活動を行う方も多くみられます。新卒と第二新卒とでは求められる点は実は大きな違いがあるのです。この違いに気付き、第二新卒に面接官が何を求めているのか気付いて、そこを面接で上手くアピールしていくことが出来れば転職活動も上手くいきやすくなるケースがあります。ちょっとポイントを絞ってお伝えしますね。



↑  ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
第二新卒・既卒・転職の方 おすすめサイト 
親身にサポートして頂き安心して転職活動ができますよ


会社側が第二新卒に求めていることとは

第二新卒の採用に応募してくる人は、
転職希望者によって様々な理由や事情が
あることを、人事担当者ももちろん
理解しています。

企業サイドからすると
仕方ないと思える事情もあれば、
悪い印象を与えてしまう退職理由もありますが
それは企業の第二新卒採用に対する
取り組み方や方向性によって
まったく違います。

どのような理由があったとしても
基本的には入社後、
すぐに仕事を辞めてしまったことは、
企業にとってマイナス評価を与えてしまいます。

にもかかわらず企業が第二新卒の採用を
するというのは、第二新卒に対してそれ以上の
メリットがあると感じているからです。

そのメリットとは、一言でいうと第二新卒は
「即戦力になれる人材」であり期待が
大変持て アピールできる部分ですね。

即戦力とは、
「意識の高さ」や「すでにビジネスマナーを心得ていること」
「すぐに仕事に対応できる即戦力としての力」が
挙げられますね。

金太郎の企業も
第二新卒を積極的に取り組んでいますが、
社会人とマナーを経験している部分と
純粋な考えて方・柔軟な考え方を持っており
年代的には是非採用したいですね。



↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
女性の方の転職サイトはこれをオススメします!


★転職理由は前向きに伝える
必ずと言っていいほど、前職を退職したのか理由をきっと尋ねられます。

「仕事が辛くて…」・「人間関係でトラブルが起こり…」
などのネガティブな理由をもし挙げてしまうと、
同じように仕事が辛かったり、人間関係が上手くいかないことが
起きてしまうのでは?と
面接官にマイナスに見られる可能性がありますね。

面接官としては、
息の長い社員を求めているため、
些細なキッカケで辞めてしまった方は
採用しにくいのが現実なのです。

ネガティブな理由だったとしても、
ポジティブな転職理由に変えて伝えましょうね。

このようなポイントを踏まえて、
面接時に第二新卒ならではのアピールをしていきましょう。

前職を退職したとき、
どうしても仕方ない理由で辞めないと
いけないこともあれば、自分の我慢が足りなかったと
いうケースもあるでしょう。

次の転職先が決まったのに
同じ理由でまた退職してしまうと非常にもったいないし
人生の中でも無駄な期間を作ってしまいます。

同じ失敗を繰り返さないためにも、
転職の面接対策以上に自分のキャリアと
向き合い挑戦してみましょうね!!





★入社への熱意をしっかり持ちましょう!!!
新卒に限らず、第二新卒の方ももちろん
熱意というものをアピールする必要があります。

第二新卒というと一般的には20代の若者を指します。
その若さを活かしたやる気・熱意を見せることは重要です。

入社への熱意を新卒よりもたくさんアピールしてほしいです。

最後は何を言ったのかではなく意欲・気持ちだと
金太郎は感じます。

面接官も人でありますから
想いはきっと少なくとも感じてもらえますからね!!!










#転#就職#既卒#中途採用#第二新卒