適正検査ってどんな目的にするのか?!

学校のテストとはちょっと違いますね




こんにちは!!!    金太郎です!!!


転職活動において書類審査を突破しいざ面接となりますが、面接と同時に企業では適正検査というものを応募者にして頂くケースが多いのではないでしょうか?そもそも適正査って何の目的で実施するか?  
またどこを基準の合否してくるか知りたいですよね。


↑  ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
第二新卒・既卒・転職の方 おすすめサイト 親身にサポートして頂き安心して転職活動ができますよ
金太郎おすすめのサイトです 内定率96%!
😍😍😍


適性検査は、採用者側と応募者側のミスマッチを少しでも減らすために用いられているツールなんです。新卒採用・中途採用でも書類審査や面接に加えて何らかの適性検査を実施している会社が増えていますね。希望の会社や職種への転職を叶えるためには、適性検査への対策もしておいたほうが安心です。ここでは転職活動時の適性検査でつまずかないために、事前に押さえておくとよいポイントお伝えしたいと思います。

転職における適性検査の意味とは?

適性検査は受験者を客観的に見極める手段でありますね。

適性検査とは、求める職種や職場に適した素質が受験者にあるかどうかを客観的に図るための手段です。採用時、面接担当者は数多くの応募者と顔を合わせて話を聞きますが、その場だけでは判断しづらいことも多々あり、客観的な指標を用いて人材を見ることが必要となってきます。適性検査はそのために用いられる重要なツールといえるでしょうね。

転職時の適性検査は「求める人材かどうかの判断材料」にしていますよ!
転職時における適性検査は、新卒の就職活動時と比べると、企業の検査を行う意図や意味などが違ってきます。それぞれの立場での企業側のスタンスを比較してみましょう。検査の意図 個々が持つ基礎学力や能力、資質などを見極め、結果をもとに合否や配属先を決定する 採用後のポストが明確なため、求めている人物像とマッチするかを判断しています。 検査の態勢 ベーシックな検査で可能な限り多くの情報を集められるよう、経費や人員が確保されている 経費や労力を費やしたくないのか本音みたいです😰😰😰


転職活動前に適性検査を活用して自己分析

転職者の側から適性検査を見ると、適職探しに役立てることもできます。自身も気付いていない資質に焦点を当て、自分を客観的に判断するという適性検査の性質を上手に活用すれば、自己分析を行うことができるのです。ただ、選考の中で受ける適性検査は残念ながら結果を教えてくれないことが多いのが実情です。
金太郎は、、、、😅😅😅

これは社会人を対象とした職業適性検査です。検査を通して価値観や志向、興味、能力を分析することで、適した仕事環境や職種を見分けることができます。今の仕事が向いていないと感じている人や、転職を繰り返している人は、一度試してみるといいかもしれません。

適性検査の種類と特徴
種類としては「能力(学力)検査」と「性格検査」の2種類があります。

適性検査は企業が採用したいポジションや求める人材に対してどの検査を行うかを決めますが、学力検査のみを実施することはあまりありません。能力検査と性格検査をどちらも行う総合検査か、性格検査のみを実施する場合がほとんどですね。金太郎の企業でも性格検査のみ実施しています。

私個人的には、適正検査は参考程度にしながらその結果に基づき質問・内容を変えて進めています。企業によっては適正基準のみで不合格になる場合もあります。しかし適正検査は自身が感じたそのままを回答してほしいですね。中には「こういう答えがいい結果になるのでは?」と考えて回答すると、まったく異なる結果なりますので、正直に記入したほうがいいと思います!!!







#転職#就職#既卒#中途採用#新卒#適正検査