「やりたい仕事」と「向いている仕事」の自身の道は!!!

得意なこととなりたいことの違い・迷いとは?!

得意分野を行なうか?! 自分がやりたいと思う仕事をするのか?!

こんにちは!!!    金太郎です!


皆さんはやりたいことを一生の仕事に出来たらどんなに素晴らしい人生だろうか、誰しも一度はこのように考えたことがあるのではないでしょうか。しかし人には向き不向きがあります。やりたいことが必ずしも自分に向いているとは限りません。そこでここでは、「やりたい仕事」と「向いている仕事」の選択について事例も含めお伝えしたいと思います。どうすればいいのか? 
金太郎も若かれし頃ありましたね





 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
転職する際はみんな期待より不安の方が大きいですね。しかし不安を最小限にしてくれるのはエージェントのサポートと自分の気持ちですね!これを見た人はまずは無料簡単エントリーをしてみて下さいね。
教えた若手の子もスピード内定もらっていますよ(本当です!)



自分がやりたいことを優先する
将来どんな仕事をしたいかを考える際に思うのが「やりたいことを仕事にしたい」という思いです。仕事をしてお給料をもらうことは、社会人として生活していくためであり、家族などがいればその家族を養うことでもあります。やりたいことが必ずしも生計を立てていくことに直結しないことから、やりたい仕事に就けている人は現実にはあまりいませんよね。自分のやりたいことを仕事にする場合、時に生活面での充実とは両立しないことがあることも知っておかなくてはいけません。やりたいことが稼ぎに繋がらない場合、やりがいを重視してしまうことで金銭的な側面での不自由を感じることもありますね。自分が本当にやりたいことと向き合い、それを仕事にすることは素晴らしいことだと言えますが、一方で生活面における不自由と隣り合わせになることも時にはあるのかな?!




★自分の得意分野を優先する★
やりたい仕事、やりたくない仕事という「好き・嫌い」などの観点ではなく、「向いているかどうか」と言う観点で仕事を考えることも大切なことです。天職と言う言葉があるように、人には向き不向きがあります。金太郎もデスクワークは苦手です!!!好きな仕事であってもやはり向いていなければそれはいつしか苦痛に感じる時がくるかもしれません。反対に好きな仕事ではなくても、向いていれば続けていくうちにやりがいを感じられるようになるケースも多くあります。向き不向きと表裏一体であり、やりたいかどうかを考えることと同じぐらい、向いているかどうかを考えてみることも大事ですなのです。向いていないことを仕事にしても、上手くいかなければ仕事として成り立たなくなりますよね。むずかしい 実に


結論として
正解の答えはありませんが、一番大切なことを「自分がどうしたいか」だと思いますね。自分の軸をしっかり持っている人は、困難になった際も乗り越える要素があるなと常に感じますね。その人の状況・立場によっても考えなくてはいけない部分もありますね。若く失うものが何もない人だったら、まずは自分がやりたい事を挑戦してほしいですし、年齢を重ね家庭も持ち失敗を許されない状況の場合は、経験がいかせる仕事がベストと言えますが、何もしないで後悔するならば、まずは自分が決めたことにチェレンジして仮に失敗しても、その失敗を経験にいかして成功する人もたくさんいます。それには「自己確認」と「どうしたいか」とまずは考える時間を作りましょう!!!



金太郎はどちらを優先するかというと
絶対に自分自身がやりたいことです!しかし、自分の特徴・強み・長所を自己確認して挑戦したいですね。皆さんも是非前に進んでくださいね!!!






#転#就職#既卒#中途採用#新卒#企業選び