やりたい仕事がどうしても見つからない人!企業の探し方は?!

金太郎も実は何がしたいかまったく分かりませんでした!

どこから始めるか 天職ってなんだろう?!



こんにちは!!!    金太郎です!!!

やりたい仕事ができていない人は働く人のなんと?!約6割と言われているんです!目的が「生活費を稼ぐため」「家族を養うため」という切実な理由で、仕方なく今の職場で仕事をしている人も少なくありません。人生一度きりで大半の時間を仕事で費やすのであれば、納得して働ける環境を探したいものですね。しかし今の仕事が合わないと感じたり、不満に思うことはあっても、残念ながら本当に自分がやりたい仕事は何かを見つけられずにいる人が大半を占めています。金太郎もそんな時期もありましたね。


やりたい仕事が見つからない人の特徴を見てみましょう!(例)

誰にも相談せず一人で考えて悩んでしまう
一人で悶々としても、同じ考えが堂々めぐりするだけです。誰かに聞いてもらったり、その道のプロに悩みを相談して、新たな自分を発見できることも少なくありません。1人でどうしようと考えているうちにマイナスの思考になりアクションすることも困難になってしまうケースもありますね。


やりたい仕事を見つけることに集中しすぎる
やりたい仕事を見つけることに意気込み過ぎて、バタバタになっている状態ですね。そんな気持ちが悪いとは言いませんが、自分の好きなことや言われて嬉しい言葉はリラックスした状態で考えたほうがイメージを持てますし、気持ちの安定にも繋がりますね。

どんな仕事を目指すか、自分でも曖昧でわかっていない 実は一番多いのがこの特徴。「やりたい仕事が見つからない」と悩むのですが、具体的にどんな仕事か全くイメージができず、さまよっている状態の人が多いのです。これではいつまでたっても「やりたい仕事」に巡り合わず、ただ時間が過ぎて後回しする傾向があると聞きました。

やりがいよりも勤務条件を先に考えてしまう

「やりたいと思える仕事がしたい!」と頭で思っていても、「給料は25万円以上欲しい」「週二日の休みは絶対確保したい」など勤務条件を優先してしまうパターンです。確かに、やりがいのある仕事ができていたとしても、安定した生活が第一ではありますが、今だけを見ている人と先を考えている人との違いでもあります。人それぞれ事情を抱えていますが、条件を第一に考えて転職活動する人は長続きしないと各採用サポート企業より聞きますね。一概ではありませんが、点だけて考えず線で自身の人生を考える機会でもありますね。じっくり・慎重に・そして計画的にスケジュール管理が必要なのかなと私は感じますね。

失敗を恐れて挑戦できない・行動できない
やりたい仕事を見つけるために行動したいけど、もし自分の求めていたモノとまったく違う結果になったらどうしよう…と考えてしまい、結局行動できずにいるケースです。失敗を恐れ行動しないのと、行動して失敗するのでは大きく違いますね。行動しての失敗は今後のヒントや気付きがきっとついていると思いますよ。




転職活動している人が情報収集していることの第一は!!!

断トツ
1位:転職サイトみたいですよ!
オススメは転職時に利用した方法1位にもなっている「転職サイト」を利用することです。転職サイトを利用するメリットは、やりたい仕事を見つけたい転職希望者に豊富な求人案内をするだけでなく、転職希望者がどのような条件を求めて転職するのか、また仕事を通じて実現したいことはなんなのか、やりたい仕事を一緒に探すところからサポートしているサイトが多いから。また多様化する転職希望者のニーズに合わせた転職サイトが非常に多く、「第二新卒向け」や「営業職に強い転職サイト」など、さまざまな状況に合わせた転職サイトがありますね。さきほど、やりたい仕事が見つからない人の特徴を上記しましたが、自分のスタンスを変えるのは非常に労力がかかるため、まずはやりたい仕事を見つけやすい転職サイトに登録してプロのアドバイザーのアドバイス・意見を聞いて情報を増やしてほしいと思います。

金太郎の何度がおすすめのサイトも添付しときますね。まず簡単な無料登録して、アドバイザーの的確なアドバイスを聞き自信も持って行動してみて下さいね!!! チャンスはたくさんあります!


 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
転職する際はみんな期待より不安の方が大きいですね。しかし不安を最小限にしてくれるのはエージェントのサポートと自分の気持ちですね!これを見た人はまずは無料簡単エントリーをしてみて下さいね。
教えた若手の子もスピード内定もらっていますよ(本当です!)

一日も早く不安を解消して色々な人も意見も取り入れて
自身の道を進んでください~!!! いい出会いが待っていますよ








#転職#就職#既卒#中途採用#新卒#企業探し