未経験者歓迎の意味を教えて?!

あえて未経験を採用する企業が増えています!

しかし本当にまったくの未経験で大丈夫なの?


こんにちは!!!    金太郎です!!!



今回はよく転職サイトなどで「未経験者歓迎」・「未経験の方も大丈夫」と記載している企業をよく見ますよね。本当にまったく未経験で何も分からない自分がやっていけるか?それとも人が集まらない企業だからなのか?!疑問がある部分ですよね。このようにあえて未経験者を採用して柔軟な人を採用する狙いや・違い視点からビジネスを展開しようとする企業も多数あります。少しこの部分の説明をして安心して就職活動できるように解説してみようと思います。未経験だからこそをいかせることもあります!






「未経験者歓迎」の本当の意味は?!
求人サイトを探していると、「未経験者歓迎」や「未経験OK」という表現をよく目にしますよね。
掲載される「未経験」の表記には厳密な定義はなく、一言に未経験といっても企業によって「全くの未経験」「職種未経験」「業界未経験」など意味合いが異なるのが普通。求人によっては、正社員経験があることを前提としているケースも少なくありません。つまり、未経験OKの表記があったからといって「誰でも採用の可能性がある」というわけではないということです。全くの未経験を歓迎する求人があったとしても、スキルのない未経験人材と経験豊富な人材が同時に応募してきた場合、後者の方が採用で有利になる可能性は高いでしょう。未経験者は就職・転職活動において圧倒的に不利なイメージを抱く方がいるかもしれません。しかし経験者を求める求人がある一方で、企業によってはあえて未経験者を求めている所もあるのです。 本当ですよ。金太郎の企業も未経験からはじめた社員は多数いますね。

未経験者が求められる理由とは?!
未経験者を求める積極的な理由としては、「若手を採用したい」という背景は正直あります。第二新卒、既卒といった人材には、他社のやり方や社風に染まっていない柔軟性があり、一部企業ではニーズの大きな存在となっています。経験やスキルはなくても、ポテンシャルを重視し一から育てたいという企業は少なくないでしょう。未経験であっても年齢が若い人材は、将来的な企業の戦力になることを期待されて採用に至るケースが多いようです。長く企業で働くと、どうしても固定概念みたいなものがでてきて、新たな改革や挑戦に進むことができないことが現状としてありますね。






未経験の業界・職種に挑戦する際に、今までの経験やスキルが全く活かせないというわけではありません。基本的なビジネススキルはどんな業界でも求められますし、前職で培ったスキルの中には、応募先の企業で活かせるものがあるかもしれません例えば、高いコミュニケーション能力はどんな職場・仕事であっても活かせるスキルでしょう。志望する職種に関する資格を取得していると、未経験であっても一定の知識を証明できて強みになります。ほかに未経験の方が面接で注意したいポイントは、「なぜその業界・職種」を目指すのかという動機を明らかにすること。ほとんどの面接では志望動機を尋ねる質問がありますが、未経験の方は特に入念に対策をする必要があります。スキルや経験がない分、今後積極的に学んでいく向上心のアピールも大切ですね。



金太郎の事例で申し上げますと、未経験の方の強みは、その業界・仕事内容に対して、固定概念がない分発想力・アイディア・感性等よく気付かせて頂くことがたくさんありヒントをもらっていますね。皆さんも未経験を逆に強みとして面接にアピールしてみてください。しかし、面接時では「今後どうしたいか」・「この会社で何をしたいか」のビジュン・目標をしっかり考えて伝えないといけません。売り手市場の今がチャンスであり、あえて未経験のことに挑戦することも自分の成長や新たな発見に出会えるかもしれません。
じっくり考えてから面接会場へ

GO FOR IT
 







#転職ブログ#就職#既卒#中途採用#新卒#未経験歓迎