どうしても面接に受からない人 原因がわからない人の為の攻略法(^^)

意識が変われば行動が変わりますよ!そして夢に繋がる(^^)

内定をもらえる人は、これを行動しています(^^)



こんにちは!!!      金太郎です!!!


金太郎に相談くる中で、一番多い悩みというと「面接がどうしても不合格になってしまう」です。私は面接官として応募して頂ける新卒・既卒・フリーターのどこを見ているか?と内定をもらえる人・不合格になる人の共通点をいくつか紹介してみましょう。参考にしてみて下さい。




売り手市場で企業は人不足が続いております。その言葉を聞くとどこかできっと受かるだろうとおもいますよね。しかし、企業毎に採用基準・求める人物というものが必ずあります。その基準に達しない場合は不合格にしないと、その採用担当のスキル・採用方法の評価が落ちてしまいます。よって内定を複数もらっている人の取り合いをしているのです。


それでは、私が面接官として多くの学生・既卒・フリーターの方を面接して内定をしっかり取れている人に約5年の間「何を取り組んでいるのか?」・「何か工夫している事はあるか?」をリサーチした結果を伝えますね。


内定をしっかりもらっている人の共通点

◆企業をしっかり分析し、特徴や強みを把握している
◆企業・店舗をしっかり自分の目で確認している
◆なぜ当社に入社したいかのビジョンが明確であること
◆反応・メモ・うなづき・気持ちが全面に感じられる
◆過去にこだわらず未来をしっかり考えている
◆面接後には必ずお礼のメールを送る
◆身嗜み・挨拶・礼儀等マナーを意識している
◆質問に対して、とても素直で正直に答えること
◆質疑応答で疑問点を必ず確認・質問する。
◆期日を決めて就職活動を行なっている(スケジュール管理)


逆にどうしても内定をもらえない人の共通点


内定もらっている人の逆の事をしている人⁉️




どうしたら内定をもらえるようになれるか⁉️

性格的な問題が各個人にありますが、まずは変えようとする意識を変えないと始まりません。
自分はこういう性格だからと決め付けた時点で変化はできませんよね。

面接後、、、、


不合格した際に、


「不合格か なんだよ~マジかよ」とそれで終わるか?

何故不合格になった原因はなんだろう?とまずは考え、振り返えるか?


まずこの2つのとらえ方で意識の差がでますね。

もし原因がどうしても分からない場合は、受けた企業に電話orメールにて確認してもいいと金太郎は思います。年間5~8名ぐらい 問合せがきますね。その人に対して金太郎は一度会社にあえて来て頂き、どこが?何で?どうしたらいいか?とその人の立場になって伝えています。企業によっては、NG教えてくれないことろもありますが、聞いて原因を確認するいい機会だと思いますね。






ポイントとして
何故数多くある企業の中でその企業を選んだかの質問は絶対に聞いてきますよね。答え方としてしっかり企業を分析・調べて他社との違いや、この会社に何をしたいかを、出来る出来ない関係なく想いを伝えることだと実感しています。

既卒の方は前職・職歴に触れる企業も多く、どうしてその会社を辞めたのかを確認します。その答え方も前向きな伝え方が必要となります。ただ飽きた・つまらない・人間関係が悪かったなど、仮にあったとしても言い方を考えて伝えてほしいです。

そして今後をどう考えているかとしっかり考えてほしいです。過去は変えれませんが、未来は自分次第でどうにでも変える可能性があります。私は未来・今後をどう考えているかと重要として面接を実施しています。

敬語・尊敬語・謙譲語が混ざっている人がよくいます。あまり難しく話さないで、〜です。〜ます。でいいと思いますよ。

緊張しているせいか、早口で自分の想いをひたすら話す人がいますが、答え方として、
まず結論→過程・理由→最後に感想の順番で話すことを勧めます。


最後に
面接日のその日中に、必ずお礼メールを送る事
感謝の気持ちを伝えましょうね。


あとは、祈るのみ!😜😜😜



少しでも参考になったら嬉しいですね!(^^)


↑  ↑  ↑   ↑   ↑   ↑
第二新卒・既卒・転職の方 おすすめサイト 
未経験の人にも親身にサポートして頂き安心して転職活動ができますよ
金太郎おすすめのサイトです 内定率96%!
😍😍😍



#転職ブログ#就職#既卒#中途採用#新卒#攻略法#面接