書類審査で落選する人の原因を知ろう!

面接までいかない人 イコール書類審査で落選 どうしてか?!

まずは落選することを知ろう!



こんにちは!!!      金太郎です!!!


今回は、既卒・中途・フリーターの方が転職活動のスタート部分に引っ掛かる書類審査について知っていきましょう。企業が求めている人物像・基準をHPや実際にその会社を自身の目で確認することも大切になります。その上で自身の履歴書・職務経歴書を応募する企業にどうアピール・理解してもらえるかによって合否がでてしまいます。まずは事例を見てみましょう!




まずは、書類審査を通過できない原因ってなんだろう?!

2つの理由が大半であるので確認してみましょう!


①書類の書き方(履歴書・職務経歴・資格)等の書き方が悪い


②学歴・職歴・資格の有無が自身の条件に企業側がマッチしない



掘り下げてると、、、


①は応募者の書き方次第で企業からの評価を上げて書類選考を突破することが可能です。

②は応募者の学歴・職歴・資格など自身の条件は本人の能力・スキルが優秀でもフィルターにかけられ落選することもあります。


職務経歴とは
応募者が前職でどんな仕事を経験して、どのような実績・貢献・成果・キャリアを積んだのか、経歴を具体的にまとめた書類であります。応募する際に大半の企業は提出を求めており、採用担当が企業の基準に添って判断材料として確認することであります。


それでは書類審査で落選する理由・ケースを知っていきましょう。

長々と文章が続き表現が分かりづらい
職務経歴書書は履歴書と異なりフォーマットが自由であります。意欲をアピールしたい気持ちは理解できますが、読みやすさを無視した文面は逆効果になります。その為に、書類選考を行なう側が途中で目を通すことを放棄する可能性もあります。ポイントはなるべく箇条書きを意識して、伝えたい事を重点的にまとめて書く事より採用担当者に伝わりやすくなりますね。


具体性がない
「私のがんばりは会社の売り上げは飛躍的に伸びました」「一生懸命努力した結果、会社の生産性の大幅な向上に役立った」「営業成績が部内で一番になった」などの表現だと、せっかく前職の貢献度をいかせる部分にもかかわらず採用担当にその実績がうまく伝わりませんね。簡単に説明しますと、「何をどう頑張って、どのように貢献できたか」出来れば数字も具体的に表現してアピールした方がいいですね。


資格や経歴の羅列では評価されないケースがある
長い文章がダメと知り短い文章を書けば良いかというと、そうではありませんね。あまりにもシンプルすぎる短い情報を読む側の印象を悪くしてしまいます。特に資格情報については注意が必要であります。応募している転職先とは無関係と言える資格をこれでもかと記載していれば、採用側は読みづらく???で印象を悪くする可能性のありますので注意してくださいね。




誤字脱字が多い
履歴書はフォーマットに指定されている企業が多く、それに従って書いていけばいいのですが、自由度のある職務経歴書は違って書きやすいですね。しかし、それが仇となり下書きをしないで書こうとする方が多いです。その結果、基本的な誤字・脱字が発生しやすくなります。特に企業側は正確性が問われますので、誤字・脱字が多い人は仕事でもケアレスミスの多い人と印象を与えてしまいます。金太郎も気をつけないといけません!!!必ず確認に徹底をすること しかも何度もですね。


送付状を添付した方が望ましい
送付状がないと書類選考で落選されるということではありません。送付状を添付すること自体が合否の結果ではなく、ビジネスシーンで送付物を郵送する際は、送付状を添付することがマナーであり、当たりまえのことだという事であります。書類審査になると応募書類だけを送るということはおかしいことになります。応募書類を受け取る採用担当の立場で考えてみると姿勢の有無が、提出する書類にどれだけ力を入れているかの誠意を感じることがあるのです。



まとめ
私がよく皆さんに言うことの中で、書類だけで人を判断しないでほしい・一度会って人物を確認してほしい。しかし企業毎により基準・求める人物等全て異なり大手企業・上場企業では、応募数が多く1人1人面接する時間がないことも現実であります。よって履歴書・職経歴を確認して、面接に来てほしい人とそうでない人にジャッジしないといけないのです。現実はシビアなんですよ。しかし、履歴書も職務経歴も皆さんの書き方次第で面接官に与える印象が大きく変ります。特にフォーマットが決まっていない職務経歴書は、アピール内容によっては採用担当に「絶対に会ってみたい!!!」と思わせることができます。書類選考を通過できない人は、今一度上記のポイントを含めて再度履歴書・職務経歴書を作り直してみてくだいね。


金太郎の場合は
職務経歴を確認し、働いている期間ではなく、その企業で何を学び・どう感じ・今後にどういかしたいかということを第一にみています。企業の大小ではなく、役職・キャリアアップは二の次・三の次で、今までの経験を当社でどういかし・どういう事をしたいかの気持ちを確認しています。(変わっている採用面接官なので皆さんには参考にはなりませんが、、、) 時間はかかるかもしれませんが、書類関係は慎重に気持ちを表現してみてください。そして誰かに再度確認してもらう事も大切です。ミスのない履歴書・職務経歴書を作成しましょうね。



 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
転職する際はみんな期待より不安の方が大きいですね。しかし不安を最小限にしてくれるのはエージェントのサポートと自分の気持ちですね!
実はこのサイトから企業応募の書類審査がないのです(本当です!)
是非エントリーしてみてくださいね!


#転職ブログ#就職#既卒#中途採用#新卒#書類審査#不合格