新卒 インターンシップのベストな選び方(ここだけはチェックしよう)

インターンシップ合同説明会に参加して企業を知ることが一番

そして早期に行動すれば気づきが増え、目指す企業にきっと会えますよ。




こんにちは!!!     金太郎です!!!



今回は2019年度新卒採用も本格的にインターンシップが始まり、社会人へのスタートですね。年々工夫され期間も異なりどのインターンシップが自分に合うのだろうと不安を抱える学生の人も多くいると聞きます。今回は基本的なインターンシップの意味・種類・その後の面接でいかせる情報をお伝えしたいと思います。自分に合ったものから進んでみましょう。

新卒就活に関する情勢から、インターンシップに参加することが就活では大切になり、インターンシップの参加により得られる採用枠の年々増えています。実質的にはインターンシップから選考の流れを作り学生の囲い込みするを企業も増えている時代となりました。学生の皆さんにとって大事なインターンシップですが、学生目線で見るとあまりにも多い種類や数、そして限られた情報のみで何を見て選べばいいのか難しくなっていますね。

業界が同じでも企業数は多く、企業内でも複数のプログラムが準備していることもあります。その為ある程度企業業種・業界を決まっていたとしても、インターンシップを選ぶ基準がある人はとても役に経ちますね。どう活用して自分の道を見極めるかがミッションとなるのです。


~~インターンシップとは~~
就職活動している中、または就職活動を視野に入れている学生にとって「インターンシップ」という言葉はややハードルが高いものに映っているかもしれません。「意識の高い人だけがいくもの、自分には関係ない」「変な企業だと無理やり就職させられそう」といった意見も昨年の学生がよく聞きました。たしかにインターンと弥して不当に学生を働かせる企業はごく一部あるぐらいでしょうね。

しかし、多くの企業は自社にとって優秀なやる気のある早期に行動している学生の人材を早めに見極めるためのインターンシップを活用しています。また「意識の高い人が行く」というのは間違っていませんが、自主性に動く意識は就職活動において非常に重要であり企業が求める人物でもあるのです。早く行動して業界・業種・インターンシップの種類を知ることからスタートしましょう。


インターンシップの種類について

1日オンリーの短期インターンシップ
最短のものを1日であり、このような形は一番多く企業が取り入れています。ただし、1日となるとできる事は限られており、実際は「職場見学ツアー」のような企業のいい部分のみ発見できる程度しか分からない事がデミリットなのかなと感じます。グループワークや若手先輩社員の座談会などもありますね。

5日~1週間のインターンシップ
1日ものとは少し長めのインターンシップとしてだいたい5日~1週間ぐらい期間をかけて実施しています。こちらはグループワーク中心であり、企業のワードに入る課題を与えられ、決められた枠の中で問題を解決してプレゼンを行なったりする傾向が多くありますね、また同じ就職活動中の学生とチームを組んでミッションを乗り越えることを行ないますので、チームワークや協調性などを採用担当者はしっかりチェックしていますよ。

またグループワークで重要なことはミッションに対してアピールを第一と考え自分・自分と突っ走る学生の方がいますが、グループ内での役割・時間管理・相手の意見・考えを受け入れる心などもチェックしていますので、気をつけましょうね。

長期インターンシップ
上記の2つと異なることが、2週間~1ヶ月ほどの期間を通じて行う長期インターンシップであります、短期間で実施しているインターンシップは選考を兼ねた企業PRや学生への周知ということが第一と考えられますが、長期に関しては目的が少々異なってきますね。長いスパンで実施されるわけですから、当然「参加者」「見学者」「お客様」といいうスタンスでは入れませんよね。

短期のインターンシップは交通費・昼食代のみの無給であります(大半は)が長期インターンではお給料が発生することが多いです。そういう意味でも戦力となることを大いに期待されていることを理解してください。当然最初から正社員と同じようなことは求められませんので、少しずつ簡単なことから任されるようになるでしょう。また選考も含めれるますのでプレッシャーもありますが、仕事を覚えようとする姿勢が学べる・社会人の基礎スキルも学べることがメリットでありますね。



どこからスタートすることがベストか?!

今後インターンシップ合同説明会が全国各地に実施されますね。そこにまずは足を運ぶことです。会場に足を運び、各企業によって上記に伝えた事以外でも色々なインターンシップが開催されています。そこで採用担当者の話しをしっかり聞き、自分が求めているビジョン・やりたい事・長所をいかせる企業選びを行なう。採用担当者は早期に活動する学生を1名でも多く自社インターンシップに参加してもらうために必死に話しかけてくるでしょう。しかし、企業側の言いなりになって興味のない企業のインターンシップばかりエントリーしていまうと、能力・時間・お金もかかり効率が悪くなってしまいます。

効率良い動き方は

一番の効率を考えてイベントに参加する為には、事前に参加する企業をチェックして自分が興味を持つ業界・業種は必ずHP等確認しましょう。イベント会場では少々強引な呼び込みがあり、自分の希望する企業でない企業に多くの時間を妨げられます可能性があります。断る勇気をしっかり持つ事も重要になります。

そして気になる企業の話しを聞き、その上でイベント参加している他業種や気になる企業のブースに足を運び情報をどんどん増やし自分の求める企業の軸を見つけてみましょう。皆さんが知らなかったことがたくさん知れますから。

ブース内で企業側の話しを聞く中で、これだけは確認してほしい事!!!
疑問・不安・???は必ず質問することです。そのままインターンシップに参加はNGです。きちんと自分が疑問に思っていることを伝えずに、ズルズル選考・内定・入社する人って入社前とのギャップで早期退職する人にとても多いですからね。こんなはずではなかった・聞いていた事とまったく違うと!


まとめ

金太郎も冬のインターンシップ合同説明会に数回参加しています。毎年感じることはやはり早期に活動・行動する学生の人は意欲が高く・期待できる人材が多くいると感じます。その中で上記にも記載しましたが、企業によってはブースに社員が大勢参加して強引な呼び込みが目に入ります。金太郎の企業は強引な呼び込みはしません。その呼び込みに対しての対応力を持ち、しっかり断ることは、断る意識を持ちましょうね。

そして不安・どうなのかな?と感じている学生の人におすすめのインターンシップは、短期期間のインターンから参加してどういうものかと体験してみましょう。参加する事で次はどうしよう・少し長めに挑戦してみようと感じることがありますからね。無理しないで少しづつ行動していくことで気づきがふえます。そしてこの時期からスタートする学生の皆さんはきっと自分の求める企業に入社できると思います。

この記事を見てくれた時点で、
インターシップに対しての意識がある証拠ですからね。
きっと大丈夫 心より応援しています!

もしかしたら もしかしたら
イベント・合説で金太郎に会うかもしれませんね
この記事を見た人に会えます様に!!!

↑   ↑   ↑   ↑    ↑   ↑
新卒の方へ 2019年卒・2020年卒の方も対応!
金太郎 おすすめサイトを紹介します! 内定率98%!
参加企業数も厳選された優良企業のみであえて小規模で安心して
参加できるイベント!早めに無料登録してまずは企業を知りましょうね!

#転職ブログ#就職#新卒#インターシップ#合同説明会