最新情報 20代転職・転職活動に関するアンケート

20代若者の転職活動状況とは 最新情報を頭に入れ活動しましょう。

年々活動や転職理由が変ってきていますね。



こんにちは!!!     金太郎です!!!


今回は今月に発表された
Re就活さんの転職・転職活動レポートを
頂きましたので現時点転職している皆さんの参考に
なると思いご紹介します。

是非、参考にして自分の道を切り開いて下さい!



20代転職・転職活動に関するアンケート調査レポート

職歴がある層が70%超え。「はじめての転職」に取り組む求職者が多数。
これまでの経験も活かしながら、積極的に新しい仕事にも
挑戦しようとする、真剣で慎重な20代の求職者の特徴が見えてきました。

■転職希望時期は、1~3ヵ月以内
「はじめての転職」に取り組む求職者が多いからこそ、
1~3ヵ月ほどの期間をかけて情報収集や選考参加。
真剣で慎重に企業を選びたいと考えています。
社内見学や配属希望部署の社員との面談する機会などを設け、
丁寧に動機形成をすることが重要です。

一方で、仕事の合間を縫って転職活動をする在職中の求職者も多く、
それぞれの求職者に合わせた対応が求められています。

■希望年収は、現在比120~130%の年収
現在の年収比120~130%
の「今より少し高い年収」を求める求職者が多い傾向。
たとえば、現在の年収が300万円代前半の場合、
転職後は300万円代後半~400万円の年収を
希望する求職者が多いです。
求める対象の給与水準を把握し、
対象に合わせた条件設定が必要です。
「既卒・第二新卒」「ヤングキャリア」と
対象別に給与を記載したり、経験年数や年齢ごとの
年収例を明示するなど、自身が受け取れる給与水準を
イメージしやすくする工夫も大切になります。

■One to Oneのコミュニケーション、会社の正確でリアルな情報を重視
20代は、SNSに慣れ親しんだOne to One の
コミュニケーションを重視する世代。スカウトメールでも、
「なぜ自分を評価してくれたのか」が
分かる自分宛に送られたメッセージは、
求職者に魅力的にうつっています。募集したい層に合
わせたスカウトメールは、応募や選考参加への自信や
モチベーションにも繋がっていると考えられます。

また求人情報が曖昧な場合は応募を躊躇する傾向。
休日や給与、仕事内容や会社の雰囲気などを丁寧に開示し、
求職者が働くイメージを持てるようにすることが、
自社の求めるターゲットからのエントリーを獲得する近道です。




就業希望時期・経験年数について

就業ありの方
できるだけ早く   38%
1ヶ月~2ヶ月以内  27%
2ヶ月~1年以内   18%
いい企業があれば 17%

就業なしの方
できるだけ早く   41%
1ヶ月~2ヶ月以内  16%
2ヶ月~1年以内   21%
いい企業があれば 22%

3ヶ月以内での早期就業を希望する職歴あり層は
約60%。一方職歴なし層は約57%となった。
前年度に比較して13.2p低下している。
前年度に比べてすぐに就業・転職したいというより
具体的な就業時期を見据えて計画的な転職活動を
行なっている求職者が増加している。


就業経験年数について

就業経験年数

1年未満 32%
1年   18%
2年   13%
3年   10%
4年   9%
5年以上 18%

就業経験社数

1社   68%
2社   15%
3社   8%
4社   3%
5社以上 6%

就業経験年数3年以上の割合が35%と前年比7.9%増加。
また、就業経験1社の割合は約7割 はじめての転職が
大半を占めている。


年収について・未経験の仕事について


現在比として120%~130%の年収UPを希望年収としている為
企業側は募集したい層に合わせて給与条件を柔軟に変更したり、
募集対象別に原稿内の表記を分けて記載する時代となっている。

希望年収(20代)
201万~300万   35%
301万~400万   42%
401万~500万   13%
501万~以上    10%

未経験の仕事について

未経験の仕事・業種に挑戦したい    44%
資格や知識が生かせるなら挑戦したい  13%
経験がある仕事がしたい        3%
無回答・分からない          40%

現在の年収に対してステップアップを望む人が大半で
あり120%~130%が平均である。
しかし、企業側も個々の能力・経験・前職での成果など
を判断しながら給与設定をしているので自分が予想する
以上現実は厳しい。

また20代転職希望する半数以上が、未経験の仕事に
挑戦したいという気持ちを持って転職活動を行なっている。
30代・40代の転職とは違う部分であります。  





転職理由について
*転職理由1人3つまで回答している為%は異なります*

仕事になりがい・達成感を感じない  36%
給与が低い             30%
企業の将来性に疑問を感じる     27%
休みが少ない            21%
上司・同僚と合わない        21%
残業が多い             16%
理念や社風が合わない        16%
他にやってみたい仕事ができた    15%
仕事内容がつまらない        14%
仕事量が多い            9%
上司や会社からの評価に不満がある  8%
勤務地が遠い            7% 
なんとなく             3%

転職理由の上位3つは
仕事のやりがい・達成感・給与が低い。将来が不安となった
また、仕事量が多いや勤務地が遠いなどのネガティブ理由で
転職するのでなく「やりがい」というポジィティブな理由
での転職理由での転職を考えている人が多いことが分かった。

仕事の安定性は重視しつつも自分のやりたいことを探す
求人者が多くなっています。


次の転職先で求人で重要するポイントは
*転職理由1人3つまで回答している為%は異なります*

休日・休暇              55%
月給・年収              41%
仕事内容の詳細            38%
勤務地                25%
福利厚生が充実しているか       25%
残業時間               19%
職種                 15%
賞与・昇給ペース           11%
求めらるスキルや経験         11%
教育・研修制度            9%
離職率                9%
業種                 5%
写真を通じて会社のイメージ      4%
企業規模・知名度           4%
その他                2%

このデーターを見て休日・給与・仕事内容は毎年一緒ですが
離職率や会社の規模・知名度などが低くい部分は意外であると
金太郎個人的には感じてしまいました。

あくまでも参考資料として しっかり情報収集し 

皆さんの最高な企業に

めぐり合えますよう 心から応援しています!!




金太郎にもし相談したい事・悩み事ありましたら
このアドレスにメール下さい。
私に出来る事ありましたらアドバイスぐらいは
出来ると思いますので、、、

kinkarou0725@yahoo.co.jp

これからも宜しくお願いします!🙋‍♂️🙋‍♂️🙋‍♂️


 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
転職する際はみんな期待より不安の方が大きいですね。しかし不安を最小限にしてくれるのはエージェントのサポートと自分の気持ちですね!
是非エントリーしてみてくださいね!



#転職ブログ#就職#既卒#20代転職#転職サイト