面接 自己PRで面接官の心をつかむ方法

チャレンジ精神を自己PRでアピール!面接官の心を掴む内容にするには工夫と熱意が必要ですね。

他者との差別化において やる気持ち・チャレンジ精神を持ち続ける




こんにちは!!!      金太郎です!!!

何名も応募する中で、採用人数は限られていますね。他者との差別化する為にはどうすればいいのか?と考えますよね。面接には殆ど「自己アピール」する時間を設けています。その上で「チャレンジ精神」を自己PRで上手く伝えることが重要です。伝え方を間違えると逆に悪いイメージを与える場合もあります。面接や履歴書でアピールする前に、面接官の心を掴む自己PRを理解しておきましょうね。



★チャレンジ精神を必要とする業種・企業なのかを確認

チャレンジ精神を自己アピールする時に、
希望している職種・企業が
チャレンジ精神を大歓迎するような企業かを
把握する必要があります。

会社自体はチャレンジ精神が本当にある人は
歓迎してくれるのが一般的ではありますが、
職種によってはチャレンジ精神より
「忍耐力」「真面目さ」「継続力」の方を
圧倒的に重視している企業も珍しくはありません。

チャレンジ精神は職種で言うと、
ルーチンワークでない職種の方が
新しいことに挑戦する機会が必然的に
多くなるので向いてます。

一方ひたすらミスなく複雑な
ルーチンワークや大量処理を回す業種では
チャレンジ精神よりも真面目さ・忍耐力・継続力を
持っている人が好まれる傾向があります。

上記のように、
その業界・職種・仕事の種類によって、
チャレンジ精神を
アピールすることが本当に良い結果に結ぶかを
まずは、考えてみましょうね。


★チャレンジ精神を自己PRで伝える事を明確・分析する

チャレンジ精神を自己PRで伝えた場合に、
企業の採用担当はどのように感じるか。

他者との差別化を狙う為には、ポイントを
押さえる前に、何故チャレンジ精神を
自己PRにしようと思ったかという
理由を明確したほうがいいと思います。

必ず自身にとって理由があると思います。

例えば
他者がやったことのないプロジェクトに挑戦し
会社に成果・結果を出したことや

成果ではないのですが、他者が嫌がる仕事・作業を
率先して行動し周りから感謝された事など、、、

チャレンジ精神をPRする人は多いと思いますが、
自己PRの内容を自分の中で理由を明確にすることを
して下さい。

面接官も明確でない答えについては
何故?どうして?詳細を教えて?など
突っ込んできます。

その時に焦って何も言えなくなっては
もったいないですからね!!



チャレンジ精神を自己PRで伝えるポイントとは

◆まずは明るくハキハキと伝える

自己PRを行い際の長所はチャレンジ精神ではなく
協調性・忍耐力・責任感・素直さ・謙虚さ など
多くの長所がありますね。

その長所をアピールする場合に、普通の伝え方で
普通にアピールをすれば、普通に伝わりますが
チャレンジ精神をPRする際はどうでしょうか?

チャレンジ精神をアピールする場合は
何事にも挑戦するという意欲を感じてもらわないと
意味がありません。

その事を含め、どのアピールをする時よりも
明るく・ハキハキ感情を込めて
伝えてみましょうね。


◆チャレンジした結果・成果をきちんと伝える

チャレンジ精神を自己PRすることばかり考えると
チャレンジしたという事実を伝えれば良いと
考えがちになりますが、そうではありませんね。

チャレンジした結果は、どうなったか?と
いう事を具体的に伝えないといけません。

●何が出来たのか?
●どこまで成し遂げたのか?の


プロセスを事前に考え分かりやすく伝えましょうね。

★チャレンジして得たのもをきちんと伝える

困難なことにチャレンジして、その結果がどうだったか
ということまでアピールできた!

次はチャレンジしたことによって何を得たかと
いう事も加えるとより説得力がUPします。

★チャレンジ精神と一緒に自身の強みもアピール!

困難な事にも挑戦したということを
チャレンジ精神として自己PRするだけでは、
まだまだ他者との差別化にはならないですね。
そのPRと同時に、

自分自身の長所・強みも同時に
アピールするというやり方もあります。

例えば
何かに挑戦するからには、
絶対にいつまで何を成功するという気持ちや
挑戦するからには誰にも絶対に負けませんと
いう負けず嫌いの部分もアピールしてもいいと

金太郎は思いますね。

細かい部分はありますが、最後はきっと
自分自身の気持ちを全力で伝え・想いを持ち
入社したい意欲を感じてもらうことですね。

面接前日までにはチャレンジ精神・自己PRを
鏡を見て何度の練習して当日を迎えましょう!


会社もビジョンに向って
組織・チームに役割や目標を掲げ前に向いますが、

自分自身がその企業に入社した後の
ビジョン・目標・やるべき事なども面接時に
自己PRに含めることで会社の将来を託す
人材として興味を持ってもらえる可能性が大きい
のではないかと金太郎は面接官として感じます。 

皆さんの1歩の行動・勇気で人生が変ることも
十分にありますからね!!!


 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
転職する際はみんな期待より不安の方が大きいですね。しかし不安を最小限にしてくれるのはエージェントのサポートと自分の気持ちですね!
是非エントリーしてみてくださいね!




金太郎アドレス
kinkarou0725@yahoo.co.jp

#転職ブログ#就職#既卒#中途採用#自己PR#面接