第二新卒って 何歳まで? メリットは?

第二新卒のメリットが多いって本当?!

若年層・第二新卒は企業はどうとらえているのかな?



こんにちは!!!    金太郎です!!!


よく最近になった第二新卒ってよく聞きますね。
第二新卒ってどういう意味なのか?
なぜ第二新卒は企業に歓迎されるの?と
思っている人は多くいると思います。
おじさん 金太郎もそうです。

今回は 若年層の代表「第二新卒」メリットについて
お伝えしてみましょう。



結論から言いますと
転職を考えている人にとって、
第二新卒はとても良いタイミングだという事です。

何故でしょう?
今、第二新卒は転職市場において
需要が高い存在であり
ある程度経験と今後の期待が
もてる年齢だからです。

メリットが他の年齢に比較して
とても多いのです。

もし
皆さんが、第二新卒であって
転職を希望されているならば、
このタイミングを有効に活用することを
考えませんでしょうか?

転職活動においては基本的には
若年層・若手を企業は
採用したいと考えていますね。

新卒採用が売り手市場のピークを
向かえ中小企業では新卒採用から
既卒・第二新卒採用にターゲットを変更する
会社が増えてきていると言われていますね。




実は、第二新卒という言葉に法的なものなど
ハッキリとした定義はありません。
知らない間に、浸透してきたのかなと実感しますね。

一般的には「新卒で入社して3年未満の求職者」を
指すことが多いようですが、
辞書などで調べてもその解釈はさまざまで
何が正解が分かりませんでした。

年齢で言えば、4年制大学卒業から考えると
25~26歳ぐらいまでになりますが、
第二新卒を募集する企業によっても定義が
異なるため一概には言えません。

基本的に転職上では
学校を卒業後3年以内の人材を指しています。

多くの解釈に共通するのは、
「短期間でも社会に出た経験がある」という点。
社会人経験のない、いわゆる「新卒」と、
前職での経験を生かすことができる
「社会人」との中間として扱われているみたいです。





半数以上の企業が積極採用中。第二新卒は激アツ!!!

今後一年間の第二新卒者の採用見通し、
2016年調査 ではなぜ、
第二新卒が求められているのでしょうか。

その要因として
新卒採用に関連しています。景気の回復と共に
新卒採用は激化しており、優秀な学生を採用しようと
するあまり予定人数を採りきれない企業も
多くなっているのです。激戦時代なのです。

金太郎の企業でも、2年前ぐらいから新卒採用は
本当に本当に難しくなりました。
しかし、私のもう一人の採用担当がしっかり学生の心を
掴んでくれているおかげで目標採用人数に届いています!


更に
「新卒の3割が3年以内に辞めてしまう」とも言われる時代。
第二新卒にあたる層は、
企業にとって常に人材不足の状態であり一番ほしい年齢層
なのであります。

2016年の調査では、
全体の半数を超える企業が
「今後一年間、第二新卒者を積極的に採用したい」と
答えていますね

M転職さんに掲載されている全求人のうち、
約80%が「第二新卒歓迎」としています。
大手企業から地域密着型の中小企業まで、
全国的に業種や職種を問わず募集が相次いでいる状況です。
第二新卒も企業同士の取り合いになっている時代か?!



第二新卒に企業が求めているものとは何?

第二新卒の採用で重視した基準
企業は第二新卒の何に
期待しているのでしょうか。

第二新卒は新卒と社会人の中間的存在。
そのため企業には
「基本的なビジネスマナーは身に付けているので、
新卒よりも育成が楽(手間や費用が少なくて済む)」

「社会経験が少ない分、柔軟で適応力が高い」
「社風になじみやすい」といったメリットがあると考えられています。

第二新卒の採用の際はどこを重視するかという調査では
「入社意欲の高さ」や「社風に合う人材か」など、
人物面を重視する回答が上位を占めていますね。

経験やスキル重視である転職市場も、
第二新卒は採用基準のハードルが低いことも多いのです。

特別な経験やスキルがなくても、
未経験の業種・職種へのキャリアチェンジや、
新卒では入社が難しかった業界や企業にも
チャレンジできる絶好の大チャンス。

第二新卒の間に転職を実現させるのは、
非常に有利な場合も多いのかもしれません。






まずは転職で実現したいことを考えてから行動を!

どうやって転職活動を始めたらいいのか分からないと
いう人も多いのではないでしょうか?
金太郎もそうでした。
 
あなたが転職することで
「変えたいこと」や「手に入れたいこと」を
考えることからスタートを。

それが応募したい企業に当てはまる
業種・職種・待遇・職場環境・福利厚生
などにつながってくるはずです。
自身の求めるビジョンを作りそれに合う
企業を調べることから始めましょうね。

この機会に自分の適性や適職についてじっくり考え
履歴書や自己PRを書いてみるのもオススメ。

将来やりたいことだけでなく、
今のスキルを明確にすることで、
あなたが持つ強みや弱みが分かり、
キャリアを描きやすくなるはずです。

第二新卒の転職は、
一度社会に出ている分、
新卒の時よりもミスマッチを起こしにくく、
長く勤められる企業と出合える可能性も
高いのではないでしょうか。

だからこそ焦りは禁物なのです。
焦っている人は実はとても多いです。

「目的ながく何となく転職したい」という
思いのまま転職活動を始めるのではなく、
自分の転職先選びの基準を明確にしたうえで

是非
大チャンスをつかみ取ってくださいね!

30代後半からそれ以降での転職に関して
その人がよっぽどスキルや資格・前職での成果や功績が
ないと、採用枠がどうしても少なくなるのも現実なので
大チャンスである若年層である第二新卒を最大限に活用し

新たなスタートを是非きって下さいね。


 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
転職する際はみんな期待より不安の方が大きいですね。
しかし不安を最小限にしてくれるのはエージェントの
サポートと自分の気持ちですね!
是非エントリーしてみてくださいね!





金太郎アドレス
kinkarou0725@yahoo.co.jp

#転職ブログ#就職#既卒#中途採用#第二新卒#何才