面接に絶対に聞かれる質問 ベスト20 発表‼️

経就職ナビが就活生に調査したデータをもとに 必ず聞かれる面接質問を攻略しましょう。

ランキング20面接質問は絶対に答えるようにしましょうね。



こんにちは!!!   金太郎です!!!

今回は既卒・新卒含めて
面接時に必ず聞かれる質問を
日経さんのデーターのもとに
解説したいと思います。

この質問項目を
自分だったらどう伝えるかを
考え・頭に入れて面接に行くことで
面接官にあなたの熱意が伝わり
内定・合格への道が近づくを思います。

また面接は企業ごとに全て異なり
面接の正解が正直ありません。

いかに応募した企業の面接官に対して
自分を知って頂けるようにすること
興味を持ってもらえるようにすることが
内定に近づくことになります‼️


是非
参考にしてみてくださいね!



#転職ブログ#就職#既卒#中途採用#面接#質問

面接に絶対に聞かれる質問 ベスト20

この質問はきっと応募企業から質問がくると思いますのでしっかり自分に置き換え答えられるようにしましょうね。

  1. 第1位

    志望動機を教えて下さい

    リクルートの調査によれば「企業への熱意」を採用業務において、1番に重視される項目であります。したがって「企業への熱意」にかかわる志望動機は非常に重要な質問であると認識してください。面接官に説得力ある志望動機の述べ方をわかりやすく説明できるようにしましょうね。

  2. 第2位

    学生時代最も打ち込んだことは何ですか?

    面接をしていて若年層に対して「学生時代に打ち込んだことは?」が聞かれない企業のほうが少ないと思いますね。どんなことに、どう取り組んだか?を詳しく話し、あなたの良さを面接官にアピールしてみましょうね。

  3. 第3位

    自己PRをしてください。

    自己PRは「自分の良さ・強み」を一番アピールしやすい質問でもあります。ここでいかに自分を売り込めるかが、内定獲得のカギになりますね。面接官に響く自己PRのコツを分かりやすく説明してみましょう。

  4. 第4位

    自己紹介をしてください

    面接の一番最初のに「自己紹介をしてください」と求められることが多いです。一番最初の質問ですから、この質問への回答があなたの第一印象になるため、非常に重要な質問といえますね。面接官の心を掴む、自己紹介を分かりやすく説明できる準備をして面接へ向かいましょう。

  5. 第5位

    他社の選考状況を教えて下さい。

    意外とよく聞かれるのが「他社の選考状況」であります。どこを受けているのかを聞き、新卒・既卒の方の企業選びの軸を知ろうとしています。統一感のないバラバラの企業を答えてしまうと「本当に大丈夫か?」とマイナスに評価されてしまう可能性もあります。

  6. 第6位

    入社後にやりたい仕事は?

    入社後にやりたい仕事はという質問は、応募者が企業でのキャリアを本気で考えているかを確認する意味でよくある質問ですね。上手く答えないと「本気で志願していないのでは?」と評価される場合もありますね。また入社後のビジョンを持っている応募者は金太郎はとても興味を持ってしまいます。やはり先考えられる人は成長する傾向が高いですからね。

  7. 第7位

    最後に何か質問・聞きたいことはありますか?

    面接の最後で「最後に何か聞きたいこと・質問ありますか?」と聞かれることは多いと思います。ここで「特に何もありません」と答えると「当社には興味がないんだな」と思われる可能性も十分あります。最低3つは質問することを勧めます。御社に入社したい・内定がほしいと思える企業だったら、尚更質問してくださいね。

  8. 第8位

    あなたの長所は何ですか?

    「あなたの長所・強みは何ですか」は、自分の良さ・長所を面接官に売り込みやすい質問であります。この質問に上手く答えれば、あなたの強み・良さを面接官に印象づけられます。面接に行く前に考え・答えられるようにしましょうね。

  9. 第9位

    第一志望ですか?

    第一志望ですか?と面接で聞かれた時、皆さんはどう答えますか?嘘をつくべきか?正直に答えるべきか?とても迷いますよね。私なら御社に大変興味を持っております。しかし転職(新卒)活動はこの時期でしかできない為、徹底的に色々な企業を知ってから最終的に決めたいと考えておりますと。もし第一志望でない場合は!

  10. 第10位

    自分短所は?

    面接官より「自分の短所を教えて下さい」と質問されることもあります。「短所」を言われても正直に答えるべきか迷うこともあります。正直に話すことはとてもいい事でありますが、面接でマイナスにはなりたくないですよね。マイナス面に対して今後自分自身がどう改善したいか?どう取り組んでいるかを面接官に伝えることによりマイナスがプラスになることも十分あります。

  11. 第11位

    挫折・失敗経験について教えて下さい。

    最近の面接で「挫折経験・失敗経験」を質問されることが増えています。「失敗経験なんて」聞かれても何をどう話せばいいのか分かりませんよね。ここの部分は失敗して何か得た事・感じた事・失敗を次にどういかしたいかを付け加えることで、失敗した経験がいかされていると好感を得ることでしょう。じっくり考えましょう。

  12. 第12位

    サークル・部活活動経験について

    サークル・部活について質問された時、ただ「サークル・部活の活動内容」を話しただけでは全く評価されません。その活動において、どう取り組み・何を学んだかと話す必要があります。その中で、自分の役割・貢献した事・結果・成果などを含めると評価がぐんと上がります。チームワーク・協調性・継続力・忍耐力など交えて面接官にアピールしてみてください。

  13. 第13位

    希望職種は何ですか?

    学生の志望度が本物がどうかを確かめる為に、希望職種を問う企業は少なくありません。その職種で、どんな事をしたいのか?具体的に回答する必要がありますね。これを言ったらまずいという事は置いといて入社してどんなことに挑戦したいかと伝えてみましょうね。

  14. 第14位

    転勤・勤務地についての確認

    総合職志望の学生・既卒の方は「転勤があるが大丈夫か?」「勤務地は東京で無い場合もありますが」確認されることがあります。もちろん「大丈夫です」と答えるのが正解ではありますが、家庭の事業や異動がどうしても受け入れない場合はきちんと面接官に伝える必要がありますので注意してくださいね。

  15. 第15位

    最近気になるニュースは何ですか?

    新卒・既卒の興味関心や情報感度を確かめるために「最近気になるニュース」を聞く企業は多いですね。単に気になるニュースを答えるだけでなく、ニュースについての自分なりの意見・感想を述べる必要があります。

  16. 第16位

    アルバイト経験について教えて下さい

    アルバイトについて聞かれた時、ただアルバイトの内容を話すだけでは全く評価されません。アルバイトでの取り組みから何を学んだが?そこからどんなものを得たか?そして就職してどういかしたいかを説明した方がより面接官より評価を受けます。

  17. 第17位

    就職活動の軸は何ですか?

    新卒・既卒の方の企業選びの基準を面接官が知るために「就職活動の軸」を質問されることがあります。一貫性のある軸を示さなければ「いい加減な気持ち・とりあえず来ているのか?」と評価されてしまいますので、ここも注意が必要になります。

  18. 第18位

    キャリアプランについて教えて下さい。

    新卒・既卒の方がその会社を本気で志望しているかを調べるために「キャリアプラン」について質問されることがあります。その会社で働くことを前提にした具体的なキャリアプランを説明できる人は面接官は興味を持ちますので、アピールしてみてくださいね。あくまでも自分が描くキャリアプランで十分です。

  19. 第19位

    あなたの趣味は何ですか?

    面接で「趣味」を聞かれた時、どう返せばいいかわからず戸惑う人も多くいます。人にとって趣味・好きな事は全員違いますので、正解はない質問なので素直に自分が好きな事・落ち着ける事・没頭できる事を話しでみましょうね。

  20. 第20位

    入社の意欲確認

    面接で「当社が内定を出した場合、あなたはどうしますか?」と意思確認をされることがあります。意思確認は非常に重要な質問で、答え方を間違うと内定がもらえなくなってしまう可能性もあります。 第一志望の希望の場合は?! 「御社に決め、就職活動をやめます」がベスト回答 もし、内定が欲しいなら、即答で「御社に決め、就職活動をやめます」と回答してください。それ以外の選択肢はありません。 企業が採用したいのは「その会社に入りたくて仕方がない学生」です。最終面接にもなれば、学生は絞りこまれていますから、能力面での差はありません。だから、「その会社に入りたくて仕方がない学生」が有利になります。 迷っている場合は!? 迷っている場合は上記のような事は伝えてはいけません。御社に大変興味を持ち是非内定をほしいと考えております。しかし、この時期しかできない就職活動を最大限、自分が納得した上で企業を決めたいと考えております。少しお時間頂けませんでしょうか?と正直に伝えた方が私はいいと思います。 もし本当に入社したもらいたい人物であれば企業はあなたをきっと待ちます。 しかし承諾期間はしっかり守りましょうね。

  21. 第21位

    21位~50位 まとめて記載します!

    21位…研究内容を教えてください 22位…自分を動物に例えると? 23位…自分の性格について 24位…資格について 25位…卒論のテーマは何ですか? 26位…業界の志望理由は? 27位…10年後の自分はどうなっていたい? 28位…今の学部を選んだ理由は? 29位…苦手な人はどんなタイプですか? 30位…尊敬する人はいますか? 31位あなたにとって仕事とは何ですか? 32位…時事問題についての質問 33位…学生と社会人の違いは何だと思いますか? 34位…好きな言葉・座右の銘(モットー)は何ですか? 35位…将来の夢は何ですか? 36位…最後に何か言いたいことはありますか? 37位…自分のキャッチフレーズ・キャッチコピーを教えてください 38位…5年後の自分はどうなっていたい? 39位…希望しない部署に配属されたら、どうしますか? 40位…なぜ同業他社ではなく当社を志望するのですか?他社と弊社の違いはどんなところだと思いますか? 41位…あなたの特技は何ですか? 42位…最近読んだ本を教えて下さい 43位…語学力について 44位…留年理由について教えてください 45位…ボランティア経験について 46位…あなたは当社に向いていないと思うのですが… 47位…アベノミクス 48位…働く上で大切なことは何ですか? 49位…学業以外で力を入れたこと 50位…苦手なことは何ですか?