夢を叶える人の習慣・努力 プロ野球選手 イチロー選手の有言実行

夢を明確にして、有言実行したイチロー選手は本当にすごい!

自分が決めた夢に対して、維持・継続・努力し続けるすごさ!


こんにちは!!!  金太郎です!!!

夢をなかなか見つけられない人や、
何となく今まで生きてきた人
大半の人は明確の夢ってなかなか持てない
今後どうしていいか分からない人も
たくさんいると思います。

金太郎もそうでした!!

しかし皆さんご存知かもしれませんが、
大リーグ現役のイチロー選手の小学校作文を
見たとき、正直心がぞっとした記憶が今でも
鮮明に覚えています。

すごすぎです。小学生でこの軸・ビジョンを
持ち続けて大きな夢を実現し、今も努力し続ける

今回は皆さんの今後の人生において
夢というテーマで

イチロー選手の
作文をまずはみてもらいましょう‼️






~~小学校6年生 鈴木一郎(イチロー)の作文~~


僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学、高校と全国大会にでて
活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。

僕は3才の時から練習を始めています。

3才から7才までは半年くらいやっていましたが、

3年生の時から今までは、
365日中360日は、激しい練習をしています。

だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。

そんなに
練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学、高校と活躍して
高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。

そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。

ドラフト入団で、契約金は、1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのが投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。

そして、
ほとんどの投手を見てきましたが、
自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、
打撃では県大会4試合のうちホームランを
3本打ちました。

そして、
全体を通した打率は、5割8分3厘でした。

このように自分でも納得のいく成績でした。

そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからも頑張ります。

そして、
僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、

お世話になった人に招待状を配って
応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。




小学校6年生にして自分が何が得意で、

目標達成のために
何をすべきががきわめて具体的ですね。

私が6年生の時は
鼻くそをほじくり・ご飯を食べることしか
毎日考えていませんでしたね(^ ^)


何がすごいかというと、、、


習慣がブレない軸をつくり夢を実現する為に
何をすればいいのかを考え小学生低学年から
行動し続けていることですね。


イチローは、明確に自分の強みがわかっていて、
それを確実に努力を重ねて伸ばしてきている。

プロの選手であれば、
だれもが自分の強みくらいは理解している。

しかし、
イチローほど卓越した成果が残せないのは、
何が原因なのだろうか?!

それは、まさしく習慣の違いであります。

イチローをモノマネする芸人を
思い浮かべて欲しいのですが。
一連の動作に法則性が見て取れるはずだ。

他の選手であれば、これは単なる「クセ」だが、
イチローの場合、「クセ」ではなく「ルーティン」、
つまりぶれない習慣なのです。

クセは無意識的だが、
ルーティンは意識的でありますよね。

ルーティンを繰り返すことで、
毎日に微妙なコンディションの差を微調整して自己確認
しているのですね。

何かのテレビで、、、
何年後には、こうなる自分を常にイメージして
生活していると、、、。
できる・できないではなくやるかやらないとですと!


このイチローさんから学ぶことは
たくさんあるのですが、特に共感できる事は

★夢を持つ大切さ
★夢を実現する為に何をすべきかを考える
★期日を常に明確にしている
★自分の中で先を見てイメージできること
★そして継続力・忍耐力
★できる・できないではなくやる(行動すること)

上記のことって就職活動に置き換えて
リンクする部分もたくさんありますよね。

ここまで大きくなる夢ではないかも
しれませんが、1つ1つの積み重ねで
皆さんの夢に1歩1歩く近づくと金太郎はすごく感じます。


是非
夢は変ってもいいと思います
今の自分のとても大きな夢・小さな夢 何でもいいので
是非探すことからスタートしてみましょう!



 ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
転職する際はみんな期待より不安の方が大きいですね。
しかし不安を最小限にしてくれるのはエージェントの
サポートと自分の気持ちですね!
是非エントリーしてみてくださいね!







金太郎アドレス
kinkarou0725@yahoo.co.jp

#転職ブログ#就職#既卒#中途採用#新卒#イチロー#夢