どうでもいいつぶやきから、役立つ情報までをお届けします。

はじめに

まず、我が家にはこのご時世には珍しい4人の子供がいます。
珍しいと書かせていただきましたが、住んでいる土地(市)には子供の数が4人というのは珍しくなくむしろ「一人っ子」「兄弟が2人」のほうがかえって珍しいというような土地柄です。
子どもの数の標準は「3人」で、少々多いくなってくると「4人」か「5人」となってきます。
都会となると「2人」が標準なのでしょうが、田舎なので子供は「4人」は珍しくありません。
まず、小学生が2人、保育園の年中さんが1人、3歳児が1人という内訳です。
で、居候の猫がいるわけですが彼が紛れ込んできたのは昨年の5月末、大雨の日で、我が家の間取上、屋根からしか侵入が出来ないようなところから紛れ込んできたわけで、我が家に侵入してきた当初は、ドアというド
アを開けておいて自発的に出て生かそうとしましたが、何が居心地を良くさせ
ていたのかなかなか出ていかず、とうとう住み着いてしまった次第というわけでして。。。

お恥ずかしながら捕まえることもできておりません。
そして、彼を健康診断に連れていくこともできておりません(;^ω^)
そこで、憶測で彼が年寄りであると仮定し「Gさん」と名付けて保護することとしました。

そんな、4人と1匹の日常を記録として残しておこうと思います。