スワップ金利とは

スワップ金利とは

最近話題のFXとは外国為替事実内容金取引の略称で、株の信用取引と同じく、一定額を業者に預けて外貨の取引をする投資です。
2国間の通貨を売買し、その場々の為替レートの変化やスワップ金利という金利差に基づいて益を得ます。
取引の手数料がとっても安いこと、どの時間帯でも取引可能なことが特長です。
さらに、金利の低い国の通貨を払って金利の高い国の通貨を買うと、わずかですが金利差が生じます。
これがスワップポイントとして利益になりましてくるのでしょう。
日本円を売って外国通貨を買う時、日本の金利が低くなりましてしまいましたとしてましてしまったので今はプラスのスワップポイントになり、少しずつの利益になるでしょう。
とはいっても、逆の売り取引を行うとスワップはマイナスされていますのです。
米ドルは日本円より金利の高い通貨ですので、日本円で米ドルを買う時はプラスのスワップポイントが発生します。
スワップポイントは1日ごとに計算されるので、毎日少しずつの利益となります。
米ドルのスワップポイントは、現時点で約153円。
一万米ドルを1日持った時の価格です。
スワップポイントは、買った外貨をただ所持しましたりすることで毎日加算されまして、お金が増加していきます。
スワップポイント自体は為替変動リスクとは無縁なので、金利が大きく変わらない限りはコツコツと着実な利益が見込めます。
相場の動きが読めない人しかしながら、スワップ金利を上手に利用するだけで年利20%程度の資金運用が出来るようになるんです。
ローリスク・ハイリターンな運用方法ということであるのです。