自己破産の受付け,自己破産する場合

自己破産の受付け,自己破産する場合

自己破産の受付け,自己破産する場合、実在の手続きは具体的にどのように、すすめていったらよいのだろうか。
期間として免責の決定がおりるまでは大体4ヶ月から半年かかります。
これは自己破産の申し立てからの期間です。
まず手続き開始前に借金の残高などの情報収集・自己破産申立書の作成・申し立て書類に添付する書類をそろえることが先決です。
必要な書類等を揃えたら、地方裁判所に破産の申し立てをします。
申立人の居住する住所管轄の裁判所になりましてくるのでしょう。
裁判所に、約1ヵ月ぐらい経過したら出頭をします。
出頭した際に裁判官から支払い不能となってしまいました理由などを聞かれることになるでしょう。
出頭のその数日後に破産の決定がされまして、裁判所から各債務者に通知されるという流れになります。
各債権者は約2週間後に官報に公告されていますのです。
そこから、約2週間後破産が確定となるんです。
免責の審査・尋問は約1ヶ月後裁判所に3回目の出頭をしたときに行われます。
免責の決定は、裁判所から約1ヶ月以上経過すると決定されてるのです。
公告は約2週間後に官報からなされているのです。
約2週間後に免責が確定します。
これだけで、借金が帳消しになってくるでしょう。