テッポウは、豚の直腸で、とろけるようなトロトロ感と脂肪のうま味が魅力の部位

テッポウ

テッポウは、豚の直腸で、開くと鉄砲の形に似ているため、この名前がつきました。
豚1頭から、わずかしか取れない希少部位です。
下処理をすると独特の食欲をそそる薫りがあり、脂肪のうま味とトロトロ感はテッポウならではの特徴です。
肛門の近くほど質がよく、おいしいといわれています。
焼肉の他、煮込み料理などにも使われます。

豚肉 部位

テッポウの食感・味

食感は、弾力性があり、クセになりそうな歯ごたえがあります。
味は、噛むほどに甘いうま味が滲み出てきて、中の脂はあっさりして、トロトロの味わいがあります。

おいしい食べ方

味付けは、タレ系がおすすめで、甘口ダレや味噌ダレで濃厚に味わうのが一般的です。
他には塩ダレもいけます。

おいしい焼き方

ウェルダン」で、表面はもちろん中までよく火を通して食べるのがおすすめです。
ゆっくり脂を落として、焦げる少し前に食べるのがポイントです。

合うお酒

・ビール
・焼酎・日本酒
・ハイボール



オリジナル豚直腸ホルモン塩味1kg≪テッポウ≫貴重なぶたのテッポーのホルモン 【ブタの直腸をオリジナルのシオ味にしました】 美味しいしお味の豚ほるもん【てっぽう】