焼肉の匂いは、匂いのつきにくい服と消す方法と食べる前の対策のトリプルアクションで撃退!

焼肉はおいしいけれど困るのが匂いですね。

焼肉店を出てからも気になって仕方ないという経験をした方も多いのではないでしょうか?

おいしい焼肉を食べれるなら仕方ないと、あきらめている方もいらっしゃるかもしれません。

もし焼肉の匂いがつきにくい服や消す方法や対策があれば助かりますよね。

今回は、焼肉の匂いがつきにくい服や消す方法や対策について考えてみました。

焼肉の匂いがつきにくい服はある?

みなさんは同じ焼肉でも着ている服によって、「今日はあまり匂いがついていないな」と思ったことはありませんか?
これはその時着ていた服が焼肉の匂いがつきにくい服だったのかもしれませんよ。
焼肉の匂いがつきにくい服はあるかというテーマですが、調べてみると焼肉の匂いがつきやすさはどうやら服の素材で決まるようです。

焼肉の匂いがつきやすい服(素材)➾ 化学繊維でできている服
ポリウレタン、ナイロン、ポリエステル、アクリルなど化学繊維の素材でできている服は匂いがつきやすいです。
化学繊維の服は通気性が悪く、吸湿性が低いのが特徴で、これが匂いがつく原因となります。
また、化学繊維は静電気を起こしやすく、活性酸素が発生しやすくなり、加齢臭の元となるノネナール(アルデヒド)の発生原因になります。
化学繊維の服は臭いを発生させやすく、充満させやすいという焼肉にはかなり最悪な条件を備えています。

焼肉の匂いがつきにくい服(素材)➾ 天然素材の服
コットン、シルク、ウールなど天然素材でできている素材は化学繊維の服と比べて匂いがつきにくいといえます。
天然素材の服は通気性がよく、吸湿性が高く、静電気も起こりにくいという特徴があります。

もちろん100%匂いがつかないとはいえませんが、化学繊維の服と全く逆の特性を持つ天然素材の服は焼肉の匂いがつきにくい服(素材)といえるでしょう。

焼肉の匂いを消す方法

焼肉の匂いがつきにくい服はわかりましたが、どうしても多かれ少なかれ匂いはついてしまいます。

服は、とても細かい繊維がたくさん集まっていて、この繊維が匂いの分子を吸着してしまいます。
特に化学繊維の服は匂いの分子を吸着しやすいという特徴を持っています。

では、服についてしまったこの焼肉の匂いを消す方法にはどんな方法があるのでしょうか?

服を振る
まず、原始的な方法ですが服を脱いで振ることです。
服の繊維に空気を入れるこので匂いの分子も追い出すようにします。

すぐに洗濯orクリーニング
ついた匂いはすぐに洗濯、またはクリーニングするのが一番です。
しかし、クリーニング代もバカになりませんから個人的には焼肉の時には、すぐに洗濯できる素材の服を着て行くことをおすすめします。

消臭スプレーをかける
これも基本ですね。
脱いだり振ったりできない場合は、とにかく消臭スプレーはやっておきましょう。

焼肉の匂いがつかない対策

焼肉の匂いがつきにくい服と焼肉の匂いを消す方法がわかったら、最後は焼肉の匂いがつかない対策です。

焼肉を食べた後ではなく、食べる前から対策をしておくのです。
具体的な対策には、以下のような方法があります。

消臭スプレーを服に吹かけておく
消臭スプレーは焼肉の後だけでなく、予防効果を期待して食べる前にもかけておきます。
これで匂いがつきにくくなります。

化学繊維の素材の服は避ける
匂いのつきやすい化学繊維の素材の服は避けて、できるだけすぐに洗濯できる服を選ぶようにしましょう。
また、焼肉を食べる前に脱いだ上着などは外気に触れないようにバッグや袋などに入れておくと匂い防止に効果的です。

洗濯した服を着る
洗濯しないで何度か着た服は皮脂やホコリが付着して、さらに匂いがつきやすくなります。
洗濯したての服を着て行くのがおすすめです。

まとめ

今回は、焼肉の匂いがつきにくい服や消す方法や対策について考えてみました。

まとめると焼肉の匂いがつきにくい服は天然素材の服、匂いを消す方法は消臭スプレー・服を振る・すぐ洗濯、対策は焼肉を食べる前の消臭スプレーをかけ、化学繊維の素材の服は避け、洗濯した服を着る、ということです。

焼肉はおいしく楽しいですが、匂いがついては何かと不都合です。
100%匂いがつかないことは難しいかもしれませんんが、以上のことを意識していれば、かなり軽減できるでしょう。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てばうれしいです。


お得な女子会セット 6人前 60g×6種×3セット 【冷凍】【タレ付き】 セット お買い得 焼肉 パーティー ホームパーティー 女子会 【最高級】【国産A4、A5等級】【一頭買い】【和牛】【極上雌牛】【送料無料】【A4、A5】