クラウド会計を利用して業務に専念

記帳・請求書発行・決算処理までクラウド会計にお任せ!

事業を行う上で避けて通れない作業が、
 ①記帳(現金出納帳や仕訳作業など)
 ②請求書発行
 ③決算処理
の3つです。他に仕入れ管理や販売管理、人事管理など事務処理の仕事は山のようにあります。起業家や零細企業の代表者は、営業畑や職人畑のいわゆる業務のスペシャリストであるため、こういった事務作業は非常に負担になるものです。

〇確定申告に備えてきちんと記帳する
毎年、確定申告の時期になると1年分のたまった領収書を整理して確定申告に間に合わせる個人事業主も多くいるようですが、きちんと現金出納簿や仕訳帳を基本的にきちんと整理しておけば10万円の青色申告特別控除を受けることができます。また腹式簿記による記帳を行っていれば65万円の特別控除の対象になります。わずらわしい作業であっても、1つひとつの現金の入出金を記帳し仕訳を行い元帳を作成することによって控除を受けることができ、税金の支払いを軽くすることができます。
コンピュータ会計になり、基本的な記帳ができていれば確定申告のための計算は自動的に行えるようになりました。記帳とともに原価償却など設備関連の管理ができていれば、そんなに苦労しなくてすみます。

〇請求書の発行は速やかに行い入金のズレを起こさない
もう1つ、毎月月末になると請求書の発行の時間が必要になります。売上管理ソフトを使っていれば自動的に請求書も発行されるため、売上管理もコンピュータ会計を導入する方が便利です。