レバー

(http://xn--ng-r62c164bp5ax90w.com/category5/より引用)

 





レバーの機能

レバーは思っている以上に美容によい効果があります。レバーで期待される効果を理由と一緒に以下に載せます。
・小顔効果
 レバーには顔の筋肉を引き締めるイソロイシン・メチオニン・トリプトファンを豊富に持っており、顔のたるみなども改善が期待されます。
・脂肪燃焼効果
 レバーには“ヘム鉄”が豊富に含まれており、そのヘム鉄が体内の脂肪を燃焼しやすいといわれています。ほかにもビタミンB群が多く、摂取したタンパク質を燃焼してくれる作用もあります。
・皮膚などの予防
 ビタミンAを多く持ち、皮膚や粘膜の新陳代謝を活性させ、肌の細菌などを守る作用もあるといわれています。ほかにもレバーのビタミンAには皮膚の脂を分解し、ニキビや肌荒れを予防できるといわれています。
・白色効果
 レバーには角質層の黒ずみを分解するヒアルロン酸も含まれており美白効果も期待できます。レバーに含まれる鉄分も肌のくすみを改善できる効果もあります。

 など肉は脂肪やたんぱく質の塊のイメージが強いですがレバーはビタミンAとBが豊富にありますので栄養面でも十分期待できる“肉類”といえます。美肌面でも“美白”効果が多く期待されます。

気になるカロリーは?

 気になるレバーのカロリーを比較について以下にまとめます。※100gをの中に何キロカリーあるかをベースにします。
・鶏レバー…111キロカロリー
・豚レバー…128キロカロリー
・牛レバー…131キロカロリー
などレバーはおおざっぱに例えるとグラム数とカロリーは比例していると考えるのもよいと思います。
 ちなみに上記のレバーと同様に近いカロリー消費を以下にまとめます。
・ウォーキング  42分
・ジョギング   25分
・掃除機     36分
・縄跳び     13分
。水中ウォーキング16分
などこちらもおおざっぱに言うと1時間ほどの運動で解消できるといえます。

レバーによい食べ合わせ

・ホウレンソウ、小松菜、カキ
貧血効果
・ピーマン、イチゴ、レモン
美肌効果、疲労回復
・オリーブオイル、マヨネーズ、バター
ガン予防、老化防止
などの効果が期待されます。
 そんなレバーですが食べ合わせが悪い食材があります。それは“みょうが”です。みょうがと一緒に食べると苦い物質がレバーの吸収を妨げてしまいます。

食べたくなった人へ!

 下記の商品は冷凍ではなく、加熱用になりますが鮮度は詳細に保っております。値段は少しお高めですが新鮮なレバーをいただくことができます。この機会にいかかでしょうか!

【アマゾン】

北海道産 牛生レバー お一人様用 (約85g-115g) ×5袋 (真空パック冷凍 加熱用)

 アマゾンはすごいボリュームですね(笑)

【楽天】

レバー焼き鳥(5本入)[ 千葉県産 鶏肉 国産 調理済み ][肝焼き]【 焼き鳥 やきとり 焼鳥 焼き鳥 】

 楽天ではシンプルな焼き鳥がオススメです!ご飯ととても合いますよ!