ビタミンA


(http://www.wakasanohimitsu.jp/sp480/seibun/vitamin-a/より引用)

 ビタミンAにはA1とA2がありますが基本的にはビタミンA1が主要なのでこちらお記事ではビタミンAとして紹介します。上記の画像のように緑黄色野菜とレバーに多くあります。

ビタミンAの機能

・免疫力を上げる
・視力効果の補助(夜盲症の予防やドライアイの予防)
・肌などの新陳代謝を促す
・シワやたるみなどの改善
・遺伝子活動の活性化

 など目にとって重要なビタミンなのは有名な話です。
 遺伝子にも関わっているのはあまり有名な話ではないかもしれませんが、ビタミンAは免疫・味覚・上皮細胞をそれぞれ維持する作用があるといわれており、ガンなどの抑制効果もあるといわれています。


 ビタミンAには不要となった細胞を正確に削除できる“アポトーシス”といった体内のお掃除細胞を活性化してくれると報告があります。アポトーシスが正常に働かないと不要な細胞が増え続けてガンになるきっかけといわれています。

過剰摂取するとどうなるの?

・頭痛
・吐き気
・めまい
・下痢
・不眠

 など一般的に知られる生活習慣病などの症状がでます。しかしサプリメントなどで多量摂取しない限り過剰摂取はまず無いと考えてよろしいです。一番注意する点として妊婦の方はビタミンAを多く摂取すると流産や奇形をもった乳児が生まれる可能性が生まれます。

ビタミンAが多い食品

・鶏肉レバー 
・鳥 豚 牛の肝臓 
・アンコウ
・うなぎ 
・いくら
・ホイップクリーム
・エダムチーズ
・うずらの卵
・卵黄
・無塩バター
・有塩バター

 など肉・魚・卵類などに含まれています。基本的に過剰摂取になることはありませんが。上記の食べ物を多く食べていると過剰摂取になると考えてよいといえます。
 

ビタミンAが不足すると?

・夜盲症
・口内炎
・肌荒れ
・免疫力の低下
・動脈硬化症

 動脈硬化の原因として、活性酸素の過剰発生が動脈硬化の原因と考えられることもあります。ビタミンAは活性酸素を抑えてくれる作用があり、ビタミンAの不足は動脈硬化になりやすいと言われています。

ビタミンAの美容効果

・皮膚や粘膜を丈夫にし、肌のハリを上げる
・ニキビなどを防いでくれる
・コラーゲンを作ってくれる
・小じわを防いでくれる
・エイジング効果を期待できる
 
 などが存在します。ビタミンAの存在により肌は外部のからの汚れを防いでいると言えます。

ビタミンAが不足と思ったら!

 こちらは便利なことに飲んだら必要な量だけをビタミンAを体内で生産してくれます。万が一多めに飲んでしまってもビタミンAとして生産されずに吸収してくれるので安心です!

<お試しあれ!・野菜不足に!・お手軽!>

【DHC直販サプリメント】天然β(ベータ)—カロテンをニンジンの約数百倍も含有するといわれるデュナリエラカロテンを配合 天然ビタミンA 30日分